2007年05月14日

5月13日:上せ車

市内トポトポ歩いてましたら
あっ カエデ車発見です
カエデ車!


そうそう 岡本 上せ車の日です


ここはフレンチレストラン
ボンヴィヴァンあたり


奉曳車こんな風に運ばれてきて
今から組み立て…
oka2.jpg

ここから山田上口へ向けて
出発です


カエデ法被で準備中
準備中〜


続々です カエデ車
太鼓を積んでおりました
天気もよく にぎやかそう
おみじ車続々!


---------------------------------------------------------------


で 夕方のボンヴィヴァン
宮崎が出発していきました〜
宮崎,出発〜!


---------------------------------------------------------------


さてさてこちらは月夜見宮周辺


吹上の上せ車です
吹上です!

ここは吹上甚句の伝わるところ
子供甚句が素晴らしかったです
子供甚句!


この甚句
伊勢神宮を訪れた力士が
もてなしてくれた
吹上の人たちに感謝し
披露したのが始まりとか


めっちゃウマイ!
手つきもなかなか
うまいじゃん!


こんなちびっ子も
真似して踊って
ほらもうお手のもん
お手のもん!

いいですな


あの独得の節回しを
リズミカルに
拍子木も力強く!
拍子木もリズミカル


来週 がんばってくださいな
posted by 浜参宮観察隊 at 18:04| Comment(8) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月13日:本日の陸曳き・御薗と北浜連合

13日陸曳き午前の部
新開王中島のおっかけです


早春に臥竜梅が咲く
雅な新開
新開です


臥竜梅はひとつの花に
めしべがたくさんつく珍しい種類で
竜が寝そべった姿に似ているところから
その名が付きました


菅原道真の家臣が
九州から持ち帰ったと伝えられています


ハッピも梅柄
みなさん練り練り
にぎやかです
梅柄はっぴで賑やかに

梅です,梅!


---------------------------------------------------------------


お次は王中島


将棋駒の王中島です


ちょうど筋向橋で休憩タイム
じんわり暑い日
なんと
アイスクリーム屋さんが
営業車で直々に配達
うれしい差し入れ!
アイスクリーム!


大人も子供もみーんな
冷たいおやつにニッコリです
にっこり

うひゃひゃ


---------------------------------------------------------------


夕方の部です


昨年結成の北浜連合
北浜連合っす


一歳半のボク、お木曳初参加かな
元気いっぱい
はじめて?


エンヤ曳きも力強く!
北御門に無事到着です
到着〜


森下市長のシメの挨拶で
みんなで万歳三唱
ばんざい〜

おつかれさまー


---------------------------------------------------------------


高向は御頭神事の町です
高向です


木遣り唄にまじり太鼓も


若者のノリは
あの夜の勇壮な舞いに似ていて
勢いアリ 荒れ狂う獅子のよう
荒れ狂う獅子のよう


■『高向の御頭神事』の巻■
http://hamasanguu.seesaa.net/article/33773862.html


予定より遅れ気味
日差しも傾く中
ちびっ子もまだまだ元気いっぱい
元気元気!


お木は三本
見事に奉納です
三本です


子ども木遣りは
この出で立ち
高向の子供木遣り

独特の衣裳


御頭神事もお木曳も
受け継いでいってくださいね


==============================================


5月13日の陸曳き

新開
王中島
下長屋
上長屋
北浜連合
高向


posted by 浜参宮観察隊 at 17:45| Comment(1) | TrackBack(1) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

大湊:内宮棟持柱奉曳

大湊 ここは特別な団です

20年に一度のお木曳で
一年次には川も陸も
曳っぱって合計2回
大湊です


しかも二年次の陸曳では
内宮の棟持柱を曳くのです
しかも内宮棟持柱


お祓い受けて
無事の奉曳を願います
無事を祈願…


でかい・・・んです
なんてったって棟持柱
とにかくでかいんです


12メートル
3.8トン


梃子方みんなで
気合い一発
ファイト〜いっぱ〜つ!


2500人が
300メートルの綱を
エンヤエンヤで
いざ出発です
出発〜!


徴古館の交差点を出ました
いざ公道です
こんなにデカイ・・・
とにかくでかい!

とにかくでかい!


ワンタがこのサイズ!
車もでかいです



その棒は?
うん?


奉曳車ナンバーワンを
誇る大きさ
電線をこんな風に
よけております
070512_mu12.jpg


スタートしたばっかりですが
みんな盛り上がって
なかなか前にすすみません


しかもこーんなに長い
およそここが中間地点
先頭 わかります?
長い行列


副団長さん
「前へー前へー
 昼飯の時間なくなるぞー」
昼飯食えんぞーー


道路いっぱい「鷲」はっぴ
鷲はっぴ!



---------------------------------------------------------------



宇治浦田の交差点を渡り…
宇治浦田交差点


神宮会館まで来たときに
神宮会館の玄関
どえらい人だかりでした

なに?

えっ芸能人来るんだ
ふーん


と思ってたら
玄関でなく裏口から
真横を通り過ぎました


あっ華原朋美!
ともちゃん!


アッちゅう間に
ものすんごい人だかり
ありゃりゃりゃ

クルマの真ん前で
どうやら曳いてるらしいです

動きません クルマ

それでもエンヤエンヤで
前へ前へ

で ほんの10メートル
また神宮会館へ戻って行きました
人だかり
(中央のサラサラ髪がともちゃん!)


大湊の特別ゲスト パート2でした

(一年次は秋篠宮さまでしたよね)


---------------------------------------------------------------


さてさてそんなこんなで
奉曳車はやっと内宮到着
内宮到着!


内宮前広場でしばし休憩
伊勢音頭など輪踊りを披露
あぁ疲れた

居合わせた参拝客はびっくり
まさかこんなのが見られるとは…
とそこらじゅうで声がしています


-----------------------------------------------------------------


この後奉曳車はおはらい町を
内宮宇治工作所へ向けて進みます
いざいざいざ

おはらい町を進みます

赤福前〜


観光客でいっぱいのおはらい町
二階からこんにちわ
こんにちわ


二階より高いんですな奉曳車


夕暮れ時のおはらい町を
浦田橋経由で工作所まで行きます
えんやーと進みます



---------------------------------------------------------------



まるまる一日
大湊のみなさん、大役おつかれさまでした
皆さんの笑顔と日焼けした顔が印象的
posted by 浜参宮観察隊 at 16:46| Comment(7) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

5月11日:神社港辰組の上せ

神社港の上せです


宮川町からどんでん場まで
を曳っぱります


空も暗くなり出したころ
みなさん集まっておりました
神社です!


神社港の上せは なんとっ
80年ぶりに復活!だそうです
80年ぶりに復活!


お互いに助け合う
仲良し団の宮川町から出発です


そして
神社港にもいました!


ほらほらこの苅りこみ
気合いです
上からと後ろからと
二度楽しめます?!
おぉっ!

気合です!


辰組の「辰」とこのマク
おみごと!

お見事


宮川町のみなさんもハッピ着て
ぞくぞく登場
宮川町のみなさんも


暗い夜道
ろうそく提灯で照らします
ろうそく提灯がキレイ


縁の下の力持ち的存在の梃子衆です
縁の下の力持ち


さっそくはさまれる
木遣り人
うひゃひゃ


みなさん悪ふざけで楽しくエンヤ
です

上せって遠足の前の日のドキドキと
似てるんでしょうか・・・ねぇ



---------------------------------------------------------------


↓本曳き前のお楽しみ、各団の上せ車予定はこちら↓
http://hamasanguu.seesaa.net/article/40206212.html


posted by 浜参宮観察隊 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

5月12日は内宮御棟持柱奉曳!

今度の土曜、5月12日には
内宮正殿の棟持柱を曳く
内宮御棟持柱奉曳が行われます

奉曳するのは大湊

昔、御用材は
木曽の御杣山(みそまやま)で切り出され
木曽川を下り、桑名から海路を大湊へ

そして大湊で
内宮の御用材は五十鈴川へ
外宮御用材は宮川へ…
と振分けられたそうです

そういう重責を担っていた大湊は
一年次に外宮陸曳き
二年次に内宮正殿の棟持柱陸曳きと
外宮・内宮両方のお木を曳きます

旧内宮領では唯一の陸曳き団が大湊です
(そのほかの旧内宮領の団はすべて川曳き)

長さ12m、直径約70cmの
大きな棟持柱を乗せる奉曳車も
他の団よりひと回り大きいです
oo3.jpg
写真は昨年一年次に外宮陸曳きをする大湊奉曳団


ちなみに外宮御棟持柱
6月2日(土)小川町奉曳団により運ばれます

(宮川貯木場はその昔)
(小川町により管理されていた…)
(からだそうで)






さてさて
内宮のお木曳きで唯一の陸曳き
大湊による内宮御棟持柱奉曳は
徴古館を出発し、御幸道路から
内宮宇治橋前を経由して
おはらい町を抜け、浦田橋を渡り
内宮・宇治工作所へと曳きこみます


各所の通過時間は以下のようになっています
(時間は予定であり、前後する場合があります)

09:30 : 神宮徴古館出発
10:30 : 御幸道路・五十鈴川駅口
11:20 : 月読宮前
12:00 : 中村町・国道23号線Y字交差点
14:05 : 神宮会館前
14:40 : 内宮・宇治橋前
16:00 : おはらい町北詰・県道伊勢磯部線交差点
16:30 : 宇治工作所

posted by 浜参宮観察隊 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

5月4日の陸曳き

5月4日の陸曳き奉曳団

一番車 : 常盤仲町
二番車 : 浦口町
三番車 : 常盤第一
四番車 : 常盤表町
五番車 : 常盤西世古
六番車 : 宮町






こちらは常磐仲町の本木遣り
復活!本木遣り

万金丹あたりです
ゴールはもうすぐ

今年から常盤仲町の本木遣りは
復活したそうです

浜参宮のときに
「新しいザイが手に馴染まん…」
とのことでしたが
無事大役終えられたようですね

浜参宮の様子、ちょこっとこちらに…
http://hamasanguu.seesaa.net/article/38910619.html


そして
力を合わせてエンヤーの
北御門
エンヤー!






こちらは浦口さん
練る練る
みなさん
楽しそう
浦口のみなさん






途中抜け出し
お木曳現場に戻った頃には
本日の六番車 宮町がNTTあたりに
宮町の車です!

本木遣り

ちびっ子も元気
先頭で練ります
練る練る!
(数人の子供)

今日のかけ声大賞は
この女の子
マイク付けてます

口元にマイク付けてます


綱にはさまれ
木遣り人はときおり
こんな状態に
練り遊び


一気にエンヤ
見事な曳き込みでした

そして貯木池へ

静かな空気の中
飾りや綱をはずしていきます
慎重に…

慎重に慎重にお木を
池へ チャポンッッッ
チャッポン

なんだか感無量

今日一日みなさん
おつかれさまでした
おつかれさま!

おっこんなところに!
帰り車で出番を待つ
ヤマタノオロチさんです
ここにいました!

●上せで大活躍のヤマタノオロチさん↓
http://hamasanguu.seesaa.net/article/40470069.html

posted by 浜参宮観察隊 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

5月6日;バリアフリーなお木曳き

いつものしがらみで
お手伝いのバリフリお木曳き
5月6日、本番を迎えました

●バリフリ浜参宮の様子はこちら↓
http://hamasanguu.seesaa.net/article/38807319.html

この日は朝からあいにくの雨…
でも予報より雨量は少なめ

朝の6時、コア・スタッフと呼ばれる
中心メンバーが宮町公園へ集合

最後のミーティングで
注意点・問題点の確認
その後高柳商店街で
一般ボランティアの方たちと合流

コア・スタッフより
一般ボランティアの方々へ
運行の注意点を説明します
聞いてくださいねぇ〜

大事な説明をしまーーす

その後神宮奉仕会の皆さんが準備して下さった
サンドイッチとジュースをいただきました


8時ごろから参加される障害者の方々が到着
到着です

この雨にも関わらず
申込された全員が出席されました

遠くは関東から
一泊して来られた方も

グループ分けにも用いる
珠の付いた『神』・『宮』木札を受け取ります
木札をもらって

いかがですか?

●一日神領民の木札については
こちらの記事の中で少し触れてます…↓
http://hamasanguu.seesaa.net/article/18447277.html
(バリフリお木曳きは参加者の関係で)
(『神』・『宮』の木札だけ)


さて9時を回ったところで
バリフリ奉曳団の結団式です

お手伝いしてくれる
馬瀬町奉曳団の木遣りがお出迎え
馬瀬町奉曳団の木遣りがお出迎え

奉曳の隊列を組んで結団式に臨みます
隊列組んで結団式

みんなで
エンヤ〜!エンヤ〜!エンヤ〜!
で締めくくり

バリフリ奉曳団は宮町南
たこ科前の交差点を出発点とします

みんなで隊列を組んで
交差点を曲がると…
奉曳車です!

奉曳車です
どこからともなく
おぉ〜っ!という声

綱が伸びてくるまでに
気分は段々高まります
はいチーズ!

綱はもうすぐ…

綱が伸びてきて
P5060273.jpg

綱の持ち方もひと工夫
さらしを巻いて
(さらしをかけて持ちやすく)


出発木遣り、えんや〜の掛け声で出発
出発!

綱元は馬瀬町奉曳団
梃子は宮崎奉曳団のみなさんがお手伝い

みんなでえんや〜えんや〜といってるうちに
段々団結力が深まっていく所がとても素敵
段々と

みんなの

団結力が!

沿道には雨にも関わらず
たくさんの人がが拍手、掛け声


一番心配していた
外宮北御門前の交差点も
スムーズに曲がり…
北御門前の交差点も

外宮へと入って行きます
外宮に到着!

団結力が固まった頃
到着するのは寂しいですが…

わずか600メートル、50分足らず
総勢約150人の小さな奉曳

でも長いお木曳きの歴史の中では
とても大きな意義のあるバリアフリー奉曳団

多くのボランティアをはじめ
梃子、綱元、木遣りを担当してくださった
宮崎奉曳団、馬瀬町奉曳団の皆さん
そして神宮奉仕会の皆さん
たくさんの皆さんに協力していただいて
無事何事もなく奉曳を終えることが出来ました

今度六年後のお白石の時には
もっと大きなバリフリ奉曳団に
なっていることを願います

外宮到着、万歳三唱の頃には
なんだかじわっとしたものが…


最後にみんなで外宮参拝
外宮参拝

このあとボランティア
障害者全員そろっての御垣内参拝
(車椅子の方は、担いでもらって参拝)


あいにくの雨
でも雨にけむる外宮は緑が輝き
いつもより瑞々しさが増していました


雨は降っていたけど、たくさんの人と出会え、そして、心の通った親切と人の優しさを 感じました。これが在るから、こんな大きな行事に参加させてもらえ式年遷宮の奉仕が出来ました。この思いと経験私は一生忘れないと心に誓います。
(参加された視覚障害の方)


全てが、特別でない事が素晴らしいのです。『ありがとうございました』
(参加された車椅子の方)
posted by 浜参宮観察隊 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

5月3日朝のどんでん場

さてさて…
5月3日
いよいよ二年次お木曳(陸曳き)が始まりました

朝の宮川 ドンデン場です


浦口
浦口町です!
(水を切って勢いよく河原まで)


常盤第一
常盤第一です
(上下に大きく揺らして水切りです)


常磐表町
常盤表町です
(まだ川の水は冷たそう お木の清めに宮川へ)


関場組合に
宮町メンバー集合
宮町です
後ろ姿でわかりますっ
気合いですねえ


どんでん場のシンボル
関場組合の幟がはためきます
070503_sekiba.jpg


posted by 浜参宮観察隊 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

明日から…その2っ

黒瀬町でもみなさん集合〜

黒瀬も集合!

テンポよい木遣り舞で賑やかな広場です
にぎやかぁ〜
(本日3日夕方)


黒瀬町の本曳きは5月6日(日)一番車で〜す!
posted by 浜参宮観察隊 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

4月29日・上せ車

宮町の上せ車を追っかけてた4月29日
河崎の旭通と六ヵ町の上せも
行われていました

●宮町の様子↓
http://hamasanguu.seesaa.net/article/40470069.html


-----------------------------------------------------------


河崎旭通の奉曳車です
旭通の奉曳車

大きな幟をさして榊を飾り
ちょうちんで飾りつけ

なんとなく幻想的

かわいい先導車にも
ちょうちんがいっぱい!
ちょうちんいっぱい!


-----------------------------------------------------------


続いて河崎六ヵ町

奉曳車の後姿
後姿

横姿
車両係も暗闇で大変です!
横姿

ここもちょうちんがいっぱい

旭通も六ヵ町も午後早くの出発
みなさんご苦労様です
ご苦労様です

それでもみんな元気
まさにお木曳きパワー?


-----------------------------------------------------------


川曳きな私たちとしては
夜の街を練り歩く
上せ車がうらやましいです

本曳きを前に
あふれる情熱を体にためつつ
曳く上せは見ていても楽しいです

川曳きのソリは神宮からお借りするもの
各町の所有じゃないので
『上せ』や『帰り』はありません

その前に…
上せや帰りあったとしても

夜の五十鈴川を曳いたら
…溺れる人多数?

それはキケンだ
posted by 浜参宮観察隊 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする