2013年12月16日

裏木曽の続き

護山神社です 裏木曽ツアー続編です
2IMG_0441.jpg
伐採した御神木が奉搬される付知の神社

その日は、木曽山から御樋代木を輩出する栄誉を寿ぎ
氏子さんによる神事芸能は夜更けにおよび奉納されたそう

境内に展示してあった、じゃじゃん
2IMG_0440.jpg
大人が、子どもか!ってぐらいでっかい…
天然の、千年ひのきの、三ツ尾切り

かつて「出の小路(いでのこうじ)の大檜」と呼ばれ樹齢950年という代物
昭和9年9月の室戸台風により地上12メートルの高さで折損
昭和29年に学術参考用として伐採されました

標本も展示され、昭和51年に付知町天然記念物に指定
昭和56年には出の小路の新たなシンボルとして
樹齢1000年級の巨大檜を「2代目大ヒノキ」に襲名

その後、標本の木は「初代大ヒノキ」と親しまれてます

お次、森林組合へ
2IMG_0472.jpg
ここには人工林から伐り出された東濃ヒノキ
淡いピンク色で香りがよく、
粘りがあって強度的にもすぐれています

木に従事する人がとっても多い付知や加子母

丸博建築の伊藤さん
2IMG_0477.jpg
宮大工として周辺の社寺を手がけています
2IMG_0501.jpg
しびれる作業場

丸定木工所さんは枡づくり
2IMG_0529.jpg
枡の工程に合わせて機械もカスタマイズ
2IMG_0518.jpg
モルダーという機械にかけて削って
側板を一定のサイズにカットして
枡の形にはめこんだら、底と組みあわせ
2IMG_0543.jpg
仕上げは円盤という機械で
枡の外側を綺麗に削ります

工場の中、社長じゃないと何が何かわかりません
枡だらけ、木曽ヒノキへの想いは熱く・・・

木曽ヒノキ備林は、戦前は神宮備林と呼ばれ宮内庁が所管
戦後は伊勢神宮に限らず文化財などの木造建造物に用いられ、
最近では名古屋城の本丸御殿の復元にも使われています

この貴重な森を守っていくために、
「裏木曽古事の森」として森づくりに取り組んでいます

会長の三浦さん
2IMG_0559.jpg
「古事の森」は平成16年に故・立松和平氏が提唱
超長期にわたる森林づくり活動を推奨するもの

地元の中津川市市民で組織された協議会と森林管理署が協力し、
国有林の一部を有志の方や中学生による整備作業も行われています

森を案内してもらいました
2IMG_0706.jpg
ちょっと珍しいものを
こちら「合体木」
2IMG_0598.jpg
根本はサワラで上はヒノキ、いつからか幹が一つに・・・
樹高35m、幹回り250pで推定樹齢は560年
今も元気に育っています

この天然ヒノキは
2IMG_0738.jpg
600年ぐらい?
そーしーてー
2IMG_0750.jpg
対面
2代目千年ひのき
2IMG_0753.jpg
対照物がないので、大きさ伝わりづらいですけど・・・

再び、森から流れる付知川
2IMG_0812.jpg
地元では青川と呼ぶんだそう

きれいすぎ

2013年12月05日

御樋代木の旅、裏木曽へ

朔日参り、今月は伊勢にあらず・・・
2IMG_0653.jpg
1日は裏木曽ツアーでした

御樋代の木、伐採地
2IMG_0605.jpg
やってきました付知です

遷宮で建てかえる社殿の御用材は御杣山から調達されます

古くは伊勢の神路山、島路山、高倉山から伐出されていましたが、
次第に適した材が欠乏し、各地に御杣山が定められ、
美濃の国、木曽・裏木曽からも供給されるようになりました

本格的に遷宮用材が伐出されたのは
宝永6年(1709)といわれています

幕藩体制の保護のもと神宮備林として、
戦前までは式年遷宮の用材だけに備える山でした
現在この山は国有林

そして伊勢のお山でも、大正時代からヒノキを植え始め
今回の遷宮では全体のおよそ24%、伊勢産が使われたそう

ちなみに1回の遷宮に必要なヒノキ材は約1万m3で
本数にして約1万3千本程度


御樋代は遷宮の御用材の中でも大切なもの
御神体を納める器のことで
材は御神木と呼ばれ、杣人など
山仕事に従事する人々からは神聖視されています

木曽谷(長野県上松)・裏木曽(岐阜県付知)
国有林から伐り出されています

平成17年 ここ裏木曽では
6月5日に御神木の「裏木曽御用材伐採式」が行われました

三ツ尾伐り(みつおぎり)の切り株です
2IMG_0640.jpg
内宮の御樋代木 樹齢300年超の天然ヒノキ

三ツ尾伐りは木曽地方で古くから貴重な材の伐り倒しに用いられてきた伐採法
三ツ緒伐り、三弦伐り(みつるぎり)、三ツ紐伐り(みつひもきり)とも

三方向から斧を入れ、伐倒方向が正確で、
心抜けや運搬中の突き割れの心配がないんだそう

熟練の技と準備が必要ですが・・・

この山、結構な急斜面
2IMG_0623.jpg
しかも内宮・外宮の2本を必要とし
それぞれが無節の上質な材であること
清らかな流れに近い土地にあることなど
数々の条件を満たさねばならず、
しかも伐採では2本の先端を交差させて倒すため、
2本が近くでなくてはいけません。。。
(上の木は外宮さんの)

2IMG_0635.jpg
こちら、牧野さん 三ツ尾伐りに取り組み、
急斜面での式典の舞台もつくりあげた方です

伐り出された2本の御樋代木は、
造材・化粧掛けをすませ、裏木曽国有林からふもとの護山神社へ
翌日は地元での御樋代木奉曳式、そして伊勢へと旅立ちました

訪れた御神木の山は、うっすら雪化粧
2IMG_0670.jpg

*・*・*・*

この木は樹齢350年[高さ22メートル、胸高直径70センチ]
2IMG_0677.jpg
平成9年10月30日に行われた
伐採始めの「斧入式」での三ツ尾伐り
平成25年の16年も前のこと
(上松では10/28に斧入式)

ってことは、
次の遷宮のための斧入式はもう4年後?
2IMG_0814.jpg

付知川の高樽滝
2IMG_0788.jpg
めちゃんこ、水、きれい

東濃森林管理署にて
2IMG_0823.jpg
斧入式の切り株の上部です

ちなみにぃ、上松のは、2008年に・・・
http://hamasanguu.seesaa.net/article/89333913.html

2013年09月10日

川上村の手拭い

2IMG_0530.jpg
天明の家 江戸時代中期の民家の再現
(天明:1781-1789)
奈良県川上村入之波にあったおうちです

そこで見付けたのが
2IMG_0529.jpg
伊勢音頭手拭いっ

奈良の吉野の山奥で
伊勢音頭とは!なんかうれしい

2IMG_0526.jpg
奈良県吉野郡川上村は
吉野林業の中心地で吉野杉・吉野檜の産地

ノコギリは種類豊富

吉野杉は酒樽づくりに最適
樽丸の実物とか
大正時代には盛んな筏流しの
筏に使うツルとか
ありました

吉野川の源流で
山と森を守り、樹を大切にしているところ
2IMG_0532.jpg
http://www.genryuu.or.jp/

2013年07月21日

産田神社の御白石

御白石ネタ連投で
もう、ええって、、、と思ってるアナタ

すみません

また、御白石・・・
ですが、出張しました!
2IMG_3302.jpg
ウソみたいに、まるっ

熊野の有馬の産田神社です
2IMG_3331.jpg
こちらの石はまんまる
七里御浜の石だそう

御社殿前に御白石
2IMG_3300.jpg
近づけない、それほどに神聖

お参りの人には
わらじが用意されてます
2IMG_3309.jpg

2IMG_3315.jpg
御祭~は伊奘諾尊、伊奘冉尊、軻遇突智命
    イザナミ、イザナギ、カグツチの親子
天照皇大~、大山祇命、木萃開邪姫命、神武天皇も

イザナミがカグツチを産んで
亡くなった場所だとか

産田は産んだ所

あたりでは稲がスクスク
2IMG_3316.jpg
花は終わり
2IMG_3327.jpg

2013年06月04日

夫婦杉@那智山

毎週毎週浜参宮ばっかりでスミマセン
で、遠征しました
那智の滝までっ
2IMG_9686.jpg
落差133メートル、日本一の直瀑
滝そのものが神であり仏

落ち口に張られる注連縄は
年2回、7月9日と12月27日に張り替え


滝の紹介だけではありません
夫婦つながり見っけ
2IMG_9824.jpg
夫婦杉〜かなりでかい
樹齢800年とか
大門坂の入口にあり

2IMG_9830.jpg
こちらは振ヶ瀬橋

俗界と聖域とを振り分ける境の橋
宇治橋みたい

通り掛かったバスガイドさんが
「お参り前に禊ぎをしたところですー」とのこと
2IMG_9832.jpg
藁に夫婦に、禊ぎも、つながり!?

南方熊楠が滞在した
大坂屋旅館跡も近くに

2013年02月10日

つながりはお獅子に

2IMG_7563.jpg
先日夫婦岩つながりで
ちょびっと触れたヤーヤ祭り

その続きを少し。。。
2月1日の御扉開きにはじまり
2日〜4日までの練り、そして
5日例大祭で夜はいよいよクライマックス
2IMG_7498.jpg
大弓の儀 お獅子の出御 祷渡しの儀
祷送りが厳かに勇ましくおこなわれます
2IMG_7528.jpg
弓の主役は弓射と矢取りのちびっこ
2IMG_7576.jpg
紀州小笠原流の古式作法
2IMG_7602.jpg
3つの当務町から3人の弓射が
7回(×2で14本)の矢を放ちます
 
結構、長い。。。1時間以上、
かがり火で照らされる弓場は緊迫した空気
2IMG_7645.jpg
的の真ん中に当たった当務町は
あとで伊勢神宮へお礼参りの習慣があるとか

すべてが終わると
「お獅子じゃ、お獅子じゃ」の声
2IMG_7671.jpg
真ん中、、、いるんです、お獅子さん
両脇は若衆ががっつり護衛

鳥居を出て再び境内に戻るとき
右回りで帰れば山方が豊作
左回りは浜方が豊漁と言われ
獅子頭を自分たちの方へ向かせようと
すさまじい練り合いが・・・

アツイアツイ尾鷲の夜
おつかれさまでした
2IMG_7730.jpg
↑ここにも、実は伊勢つながり!

2013年01月05日

ギッチョ祭り【浜の祷】@古江

正月業務中
2IMG_5437.jpg
こんな「伊勢」を見つけて
うれしくてレポート

平地が少なく山裾の斜面に
家々が建つ美しい層村、古江(ふるえ)

1月1日、ギッチョ祭りがあり、にぎやか
2IMG_5454.jpg
このくじびきは……
「伊勢参り」と「熊野詣で」の代参

当たった人はまちのみんなの代表となって
それぞれ伊勢神宮、熊野本宮大社にお参り
2IMG_4492.jpg
お札を受けてくるのです
2IMG_4421.jpg
10日までに参拝し、11日鏡開きの日に
その報告をします

ちなみに見事お伊勢参りの方
2IMG_4525.jpg
オメデトウゴザマス
**********
古江の正月行事、浜の祷は
海山と豊漁豊作を願うお祭り
2IMG_4481.jpg
前日の晩、大きな桶の中に榊を敷いて祀った
塩漬けの魚、トンボ・カツオ・タイをさばき
みんなにふるまいます
2IMG_4512.jpg
目出度い、目出度い
2IMG_4540.jpg

その後「ギッチョの儀」として
山で採ってきた葛をひようたん型に束ね
山側へ3人、海側へ3人並んで
樫の棒で持ち上げ、ほうりあげます
2IMG_4578.jpg
この時に「ギッチョホーイ」と声を掛けます
→(吉兆方位)
2IMG_4568.jpg
この葛で編んだ枕みたいなのは
クジラに見立てているんだそう

撮ってる肩に飛んできました

葛は幸せを結ぶんだそう

2013年01月02日

2013 初日の出

オメデトウございます

新年早々出張ネタにて…

岩間ではなく2つの島の間から
2IMG_5410.jpg
2013年の初日の出

左が佐波留島(さばるじま)
右が桃頭島(とがしま)です

尾鷲天満浦より

2012年11月20日

禊ぎ@出張篇

2IMG_3723.jpg
前回に続き工事現場レポート?
足場の組まれた参道!です
(ここはまさに工事現場、なのですが…)

以前にも「夫婦」つながりで紹介した
http://hamasanguu.seesaa.net/article/162122534.html
熊野の大馬神社を訪ねたその日は
2IMG_3744.jpg
じゃんっ
2IMG_3759.jpg
リアルな禊ぎっ!やってました

そびえる山々に囲まれた大馬地区で
体感温度は10度以下
さぁっぶっ
2IMG_3765.jpg
御神酒いただかないとやっとれません

23日に控えた神楽の前に心身を清める御一行
各戸まわって門付けしますから
「神さま事やでお清めせんと」

昨年秋の水害で大馬地区は谷に土砂が流れて
猛烈な被害
2IMG_3779.jpg
社殿は水浸しにはなりましたがかろうじて建物は無事

背後に土砂は流れつつ寸前で止まり
水だけが押し寄せたそうで
2IMG_3729.jpg
爪痕はまだ痛々しく
2IMG_3782.jpg
少しずつ回復中です

2012年10月31日

白山比盗_社

ずいぶんと山の上
2IMG_1344.jpg
白山町川口の白山比盗_社
はくさんちょう、ですが
しらやまひめじんじゃと読みます
白山神社の総本宮は加賀国石川県

白山から修験者がやって来て
川の畔で休憩をしていると
7羽の白鳥が飛び立ち降りた所に祠が建立されたそう
2IMG_1493.jpg
そのひとつ、川口白山比盗_社で
再建350年祭がありました

小野獅子舞保存会が
それを祝って獅子舞披露

獅子舞は久しぶりだったので
ちょっと紹介しちゃいます
2IMG_1375.jpg
悪魔祓い

次は扇の舞
2IMG_1427.jpg
獅子と天狗のかけひきがおもしろい

3つ目は獅子踊り
2IMG_1463.jpg
お獅子さんが優雅に
そして勇ましく

小野区に伝わる奉納神楽は伊勢大神楽の流れと言われ
その昔、疫病が流行ったときに神仏にお願いし
獅子舞により悪魔を祓ったのが起源といわれます

無病息災、五穀豊穣、家内安全の守り神
2IMG_1440.jpg

萬治2年(1660)の川口の古文書に
獅子を舞ったと記されています