2017年06月20日

花菖蒲@勾玉池

月曜、外宮さんへお参りに
IMG_6731.jpg
彩りきれいに、咲いてました
花菖蒲が2000株あるようで
IMG_6729.jpg
せんぐう館とこ、勾玉の形をした池を
開花の時期は東屋まで歩けます
posted by 浜参宮観察隊 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

夏まちまつり

青空の下、合言葉は「夏の楽しみ、なつまでまつな」
2IMG_5627.jpg
涼しげなもの売りや見世物、大道芸など、
先人たちの夏の過ごし方を楽しむ
夏まちまつり@おかげ横丁

バナナの叩き売りやガマの油売りなどなど
愉快な口上を間近に 日曜、4日までです
posted by 浜参宮観察隊 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

御田祭@猿田彦神社

21W5A2556.jpg
稲苗が八乙女に手渡されます
猿田彦神社の御田祭、神田祭です

田の神を祀り、八乙女の苗を植方に
21W5A2595.jpg
桃山時代の装束を着け、
田楽に合わせて田植えがはじまります
全てに苗が植え終わると団扇角力です
21W5A2641.jpg
東の大黒、西の恵比寿、今年は恵比寿さまの勝ち

その後は田植を無事納めた事に感謝し、
豊作大漁を願っての豊年踊
21W5A2671.jpg
「ホコリ」「舟漕ぎ」「とう舞」を奉納し、
21W5A2687.jpg
お待ちかねの、団扇やぶり
21W5A2697.jpg
一瞬、でした
posted by 浜参宮観察隊 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

もうすぐ、御田祭

1W5A1706.jpg
幟が立って、大型連休を実感
五月五日は猿田彦神社の田んぼのお祭り
神田に豊作を祈って早苗を植えます
1W5A1702.jpg
籾種から育ってます
posted by 浜参宮観察隊 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

桜前線@伊勢・二見

五十鈴川沿いの桜の木は
1W5A0013.jpg
30日時点、こんな感じ

でもって、新橋!
1W5A0009.jpg
まだ一日あるのにこの並び…朔日餅です、桜餅
確かに今回土曜だしな、争奪戦?
  *・*・*・*・*
海際の音無山で提灯揺れる散策道
1W5A0026.jpg
山裾はすいぶんピンクに色付いてます
1W5A0021.jpg
だいぶと暖かいし、ぽんっと花開きそう
今週土曜はさくらまつりです
1W5A0033.jpg
posted by 浜参宮観察隊 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

新穀のせて初穂曳

IMG_6694.jpg
お天気に恵まれた初穂曳でした、15日は陸、16日は川で

神宮の一年で一番大切な新嘗祭に合わせて
今年穫れた新穀を神宮に奉納する行事です
IMG_9227.jpg
陸曳は奉曳車にのせて外宮まで
町衆や特別神領民により3台が出発
IMG_9243.jpg
木遣り唄が空高く勇ましく
練って練ってほがらかに
IMG_6675.jpg

IMG_9338.jpg
稲穂を手にし、五丈殿へ奉納します
IMG_6722.jpg
−・−・−・−
その翌日、舞台は五十鈴川
IMG_9427.jpg
めざせ内宮、川曳もエンヤエンヤ
水の掛け合い、晴れでなにより

宇治橋手前で引き上げると
IMG_9480.jpg
静粛に、こちらも五丈殿へ

伊勢では神嘗祭が終わるまで
新米を口にしない、という慣わしも・・・
posted by 浜参宮観察隊 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

秋の神楽祭

この3日間、秋の神楽祭でした
台風到来&あいにくの雨と重なって
参集殿の午前11時のみの公開でした
IMG_8478.jpg
初日21日に、内宮へ
IMG_8463.jpg
そりこ、と読みます
33年ぶりのお披露目だそうで
紙製のお面なんて初めて見ました!
顔が描かれていて「雑面(ぞうめん)」というそう
舞人四人が手に持ってるのは、白楚(ずばい)です
別名・竈祭舞(かまどまつりまい)ともいわれます

IMG_8487.jpg
お抹茶、いただきました
posted by 浜参宮観察隊 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

東豊浜の大念仏

ふるさと帰省の盆休み、先祖供養のお盆です
IMG_7496.jpg
五十鈴川越え、宮川越えて、今宵は東豊浜へ
土路、西条、樫原と集落は3つあります

大念仏(かんこ踊り)はそれぞれに14日
IMG_7472.jpg
富士講盛んな土路では高蔵禅寺にて
IMG_7457.jpg
紋付羽織の役員が供養の口上を読み上げると
IMG_7444.jpg
かんこ(羯鼓)を手に、長いバチで
打ち鳴らしながら輪になって踊ります

IMG_7505.jpg
(↑西条)動作がすこぶるスピーディーだったり、
道具や衣装など、かんこ踊りは微妙にちがえども
周囲で持つ手燭はだいたいどこも同じです
(↓樫原)
IMG_7369.jpg
伊勢のかんこ、まだまだ続くお盆です
posted by 浜参宮観察隊 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

提灯のさるめさん

時期ですね、境内いっぱいに提灯です
IMG_7272.jpg
猿田彦神社の境内社・佐瑠女神社は
天宇受売命がご祭神

天の岩戸に隠れた天照大御神を呼び出すため
神楽を舞ったとの伝説のある神様、そのため
芸能、神楽、鎮魂の祖神と仰がれいます
IMG_7261.jpg
毎年8月17日は宵宮、18日が例祭です
IMG_7271.jpg
posted by 浜参宮観察隊 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

土路の富士講2当日

IMG_6116.jpg
土路の富士講、準備から一週間
IMG_6173.jpg
23日、朝6時に出発式です
講員21名、世話人5名が
霊峰富士山に向け旅立ちます
IMG_6138.jpg
数え年2歳以上の子らが富士講のために
12年積み立てをしてまして、なので
一番下が13歳、上は25歳が講員となります
道行唄を唄い、踊りで送り出し
IMG_6205.jpg
♪はちじょうまわりて すなおりおり
 ソリャセー ソリャセーと唄は28番まで
IMG_6207.jpg
男子老人会の美声が御山の周りに響きます
IMG_6245.jpg
最後は村社の高羽江社へお参りし
(御祭神はなんと荒木田之神!)
いざ、富士山5合目に向けて、バス出陣

*−*−*−*−*

浅間神社に集まったみなさんもいったん解散
一行が5合目に到着し、歩き出す夕刻、再び集まり、
講員の道中安全を祈って、夜通し踊りが始まりました
IMG_6353.jpg
ご婦人方は総勢40名弱、
この日まで繰り返し練習もしてきました
前回12年前は土砂降りだったそうですが
今回は伊勢も富士山もお天気に恵まれました
IMG_6347.jpg

IMG_6373.jpg
一夜明けた午前5時前、富士講のみなさん、無事ご来光を拝んだようです
しかーし、頂上までが長蛇の列(さすがにシーズン)、
1時間の渋滞で、いったん土路でも解散しましたが

下山するまで踊り続けました(24日11時頃)

江戸時代中頃に成立した富士信仰
山もとに暮らす人たちや、
富士山を望む地域に広がっています
IMG_6390.jpg
遥か東の海上に富士の山を遠望する伊勢湾岸
浜から少しだけ、朝日が顔を出しました
posted by 浜参宮観察隊 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする