2016年12月26日

御塩汲入所が新しく

IMG_4465.jpg
アップ過ぎますかね
IMG_4463.jpg
ちょっと引いてみました
美しい、整った萱葺きっ
だいたい萱葺きは屋根の高さなので
こんな間近に見られるわけないです

ここは、御塩殿神社の御塩汲入所
IMG_4473.jpg
なんてったって天地根元造りですからねっ

御塩殿の裏手、鹹水を保管しておくところ
新しくなったと聞いて
よおやく来れました(といっても、これ4、5日前)
IMG_4490.jpg
現代の塩土老翁の喜多井さん、
月次祭前に、掃き掃除中でした
posted by 浜参宮観察隊 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

堅田神社へ

音無山で登場した佐見津日女命
IMG_8792.jpg
土地の神であり、二見の役場前、
堅田神社にお祀りされています
125社の一つ、皇大神宮の摂社
2016111214560001.jpg
こんもり緑の森は国道沿い
堅田とは潟田、このあたり海岸入江の
塩田だったといわれてます
佐見津日女命が倭姫命に堅塩を差し上げたので
ここに定まったとか

神宮の125社、摂社・末社は現在造替・修繕中
IMG_9885.jpg
こちらは外宮さんの第一摂社、草奈伎神社です
ヒノキのいい香り
posted by 浜参宮観察隊 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

賓日館、開館

平成15年の11月3日、資料館としてリスタートした賓日館
IMG_0339.jpg
それからまるっと13年経ちました

神宮に参拝される歴代皇族、各界要人が
利用された由緒ある貴賓の宿、明治20年の建築
桃山式の折上格天井にシャンデリアが優美な大広間
季節移ろう庭園は国指定名勝になっていて
見ごたえアリ
IMG_0315.jpg
冬桜咲いてました
IMG_0321.jpg
唐破風の屋根下に、菊も
IMG_0327.jpg
あっ伊勢菊も

11月2日から西行の企画展、はじまってます
posted by 浜参宮観察隊 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

旧暦神無月の新月

10月31日から神無月、スタート
2016103116180000.jpg
二見浦の月暦配布中
満月の日(11月14日)には、二見の月を
posted by 浜参宮観察隊 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

南極料理人・五味貞介展

IMG_7331.jpg
残暑厳しい折、ちょいと涼しげな企画展
いかがですか@賓日館
IMG_7342.jpg
南極に行った料理人・五味貞介展です

1972年と1980年、南極観測隊に2回参加した
和食料理人の五味さんは山田原出身&在住
その足跡をたどる展示です、盛りだくさん
IMG_7336.jpg
南極の食事は持っていった食料だけで賄います
補給は一切ありません
過酷な環境の中でおいしい料理を
毎日提供してきました
IMG_7344.jpg
五味さんは15歳の時、二見館で料理人生がスタート
大阪、岐阜、名古屋などで修行を積んだのち
2回の「日本南極地域観測隊越冬隊の料理長」
その後、料亭「魚鉄」で料理長を務め
作陶の世界へも飛び込み、定年後は実家・山田原にて
1日1組限定のくつろぎどころ「五峯庵」をオープン
IMG_7347.jpg
遷宮の年まで数多の人々を虜にしてきました

五味さんが持ち帰った南極の砂もあり!
IMG_7339.jpg
ギャラリートーク(申込必要・定員30名)は
8月21日(日)10時〜11時、今回は大人向けです
賓日館[TEL 0596-43-2003]まで
posted by 浜参宮観察隊 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

旧暦お正月 二見浦月暦

二見浦月暦の新年がはじまりましたよ
IMG_5428.jpg
二見町内、配布中〜
二十四節気&七十二侯入り

一年分のポスターは、こちら
http://iseshima.keizai.biz/headline/2514/
posted by 浜参宮観察隊 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

賓日館ご案内

IMG_3302.jpg
にぎわいの連休
IMG_3316.jpg
夕刻、賓日館へ

告知です♪大広間にて・・・
IMG_3319.jpg
賓日館恒例、桂文我さん新春落語会

とき 1月12日(火) 開場 12時30分〜 開演 13時〜
          いつもと違ってお昼間です!
今年は、笑福亭生寿さんが来館予定

料金 前売り2000円 当日2500円 電話予約OK
賓日館事務局 0596-43-2003

さて、今日から新月、師走です
2016011108490000.jpg
満月は1月25日 で17日目のお月さん
月の出時刻は19時30分です
posted by 浜参宮観察隊 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

松下社いよいよ御遷座

民話の駅 蘇民横です
1IMG_8527.jpg
ピカピカしてました、松下社
1IMG_8529.jpg
24日は御遷座、25日は奉祝祭です
神さまは須佐之男命のほか菅原道真と不詳一座

こちらの祠も新しく
1IMG_8520.jpg
須佐之男命を助けた蘇民将来のものがたりです
posted by 浜参宮観察隊 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

みそぎのまち

茶屋の旅館街にひらめく「みそぎのまち」幟
150907_1.jpg

そうです、禊のまち、浜参宮のまちです。

ところで

参宮客が伊勢から二見へ入るには
内宮から朝熊をへて三津へ入るルートがありますが
今の汐合橋(旧国道)あたりにあった渡しを
使って今の溝口から入るルートが主でした。

それゆえ溝口は立石崎(夫婦岩あたり)の禊場への入り口、
ということで「禊口(みそぎぐち)」と呼ばれていて
それが転じて「みぞぐち」とよばれるようになったと言われるそうです。
posted by 浜参宮観察隊 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

贄海神事展

明治になるまで毎年六月十五日(旧暦の)になると
内宮の禰宜さんがお供を引き連れ
馬に乗り内宮を出発、鹿海で舟に乗り換え
五十鈴川を三津の湊に立ち寄って江の河口に至り
この岩(祓島)の前まで行ってたそうです
そして海水に浸かり身を清め干潮を待ち
潮が引いたらこの祓島に渡り
三種類の海草を取ってたんだそうです
そしてその海草を内宮へ持って帰る…
これを贄海神事といって鎌倉時代には
すでに行われていたそうです

二見十景・四/潜島より

明治になるまで続いてた
内宮の重要神事の贄海神事

この贄海神事の資料展が
今、四郷小学校となり
四郷コミュニティーセンターで行われています
unnamed.jpg

贄海神事で四郷村の果たした役割がわかる
とても興味深い資料が展示されてます
もちろん二見のことも

8月末までやってます
(写真の看板には7月末となってますが)
posted by 浜参宮観察隊 at 18:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする