2014年01月28日

寒中見舞い

2IMG_5008.jpg
数日前の夕刻、立ち寄った
汐合(しわえ)の姫宮さんです

京都伏見稲荷社(あー、湯豆腐…)の御分神
江戸時代の元文年間(1736ー1741)に
姫宮稲荷社として創祀されました

伊勢市内の稲荷講が今年も寒中見舞いに
2IMG_5003.jpg
桜木町雪峰講は10日に

2IMG_5007.jpg
そして河崎吉家講は24日に
(河辺七種神社にある吉家稲荷)

ただいま大寒、てことは、もうすぐ立春

春まで、もうちょい
posted by 浜参宮観察隊 at 03:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

箕獅子@西の初会 其の2

2IMG_4393.jpg
箕獅子の日は初会で、いわゆる元服

中学3年生男子が大人の仲間入りで
西区のみなさんの前で紹介されます

紹介の後は早速、乾杯
2IMG_4356.jpg

中学生はお酒でなくコーラかオレンジ
2IMG_4359.jpg

今年の中学3年生は1人欠席で6人です
2IMG_4379.jpg

宴たけなわ〜
2IMG_4357.jpg
今は日曜日にやってますが、昔は1月17日で八幡さんのお祭りに

この日は、西の人々、うかつに寝られんかったらしく
といいますのも、西のやんちゃなお兄さんたち、
夜になると、ちょっとしたいたずらをするのが恒例だったようで・・・

西中の石を、いわゆる花房さんの供養碑とか六地蔵とか、
そういったものを持ち運んで、まずはその年目出度く結婚した
おうちの庭へ、届けるんだそうです、頼んでないのに。。。

石を置かれたおうちは、翌朝、親戚一同集めて
また元あった場所に返さないといけないため
暴れん坊の兄さんらがやってくるのを待ちかまえ、
「どうぞお帰りなせってくだせー」みたいに
ウマイお酒と肴でふるまって追い返したそうな

「ヒマやったで、することなかったでのー」と

なんて陽気な・・・

「六地蔵、ひびいっとんのはそのせいやー、わははー」

豪快・・・



posted by 浜参宮観察隊 at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

箕獅子@西の初会 其の1

雪の舞う日に、西のコミセンへ
2IMG_4187.jpg
しゃもじの耳がウサギみたい

箱から出てきた箕獅子です

西区初会の日、午前中、
箕獅子を飾ってお参りしますが、まずはみんなで
2IMG_4188.jpg
橙の作業
2IMG_4190.jpg
潰さないよう、やわらかーく
2IMG_4191.jpg
橙をひたすら揉んでます
2IMG_4194.jpg
電話をしてても左手は動いてます

揉むこと1時間弱?ようやく中身を刳りぬいて、
2IMG_4206.jpg
セッティング準備完了

歯医者さん(口の中掃除機中)
2IMG_4217.jpg
目医者さん(両目を新しい橙に)
2IMG_4225.jpg
箕獅子、完成!
2IMG_4244.jpg
江戸時代に、神領復帰に尽力してくれた
山田奉行・花房志摩守への感謝を込めた
農民の手づくりお獅子さん

この箕獅子・・・
頭は、花房にちなんで“藤蔓"と竹で作った箕
目は、橙をお椀状にし、黒い目玉を填め込んで
鼻は、ヒョウタンに蕾を付けた梅の小枝
耳と舌は、しゃもじ
胴体は蚊帳を使い、裾には夫婦岩が描かれています
2IMG_4253.jpg
さっぶーい、雪がチラチラ

松陰神社(西の氏神・今は二見神社に合祀)に参拝し、
花房志摩守の供養塔では
2IMG_4294.jpg
獅子頭を付けてお参り

箕といえども、結構重いんですよ
2IMG_4295.jpg
そんなことより、御神酒に忙しい人たち

2IMG_4310.jpg
昔は二見十郷出てたらしいですが
今は西の人々で続けてくれてます

神領復帰がなかったら、お白石もなかったかも?!

3番目の立ち寄りは志茂田神社
2IMG_4341.jpg
今年から加わりました

ここの井戸水、かなりいいらしいです
できもんが治る、と西のじいちゃん、ゆうてます
2IMG_4330.jpg
がおー、キュート

*・*・*・*

鳥羽領主、九鬼嘉隆の二見押領により、
内宮外宮への御塩供進の儀が中絶、
二見郷民は高い年貢に苦しめられます

元和8年(1622)4月、二見郷神役人120人が連署し、
神領復帰を求め幕府に哀訴

同時に九鬼家からの追求を逃れるために、二見から集団脱走し、
以来12年間、江戸、京都にあって哀訴を続け、
厳しい辛酸をなめることに

寛永10年(1633)6月13日、九鬼家継嗣問題による国替えを機に、
山田奉行・花房志摩守(1581ー1641)の尽力により、
神領復帰を達成することができましたとさ ばんざーい!

供養碑は寛永18年4月、花房奉行死去の報を受け、
報恩謝徳のために設立
毎年正月17日の夜には、この前に集まり、
彼にゆかりの箕獅子の舞いをすることからはじまったとのこと

そして、続く・・・・・・・・・・
posted by 浜参宮観察隊 at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

夫婦岩 月の出 その2

2IMG_4065.jpg
仕事帰りでも間に合いました!

月の出時刻は18:15
2IMG_4056.jpg
17日目のお月さんは立待月

少ーし岩より上ですが
波がゆらゆら金色です

18日の月の出は19:09
posted by 浜参宮観察隊 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

二見浦 月の出

日も暮れかけた西の空
2IMG_3895.jpg
1月16日 十六夜 東の空では
2IMG_3930.jpg
お月さんが夫婦岩の間から
まんまる 満月


二見浦の旧暦月暦2014年版 発売中 50部限定

旧暦1月1日は新暦の1月31日がスタートです
2014011706070000.jpg
http://www.23kaeru.jp
posted by 浜参宮観察隊 at 06:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

二見から富士山

このところ、巷で噂の富士山
よく見えてるみたいですね、伊勢志摩から

で、5日の昼間、まさか全然期待などせず
登ってみました、われらの音無山 標高119メートル(←甥っ子語る)

み・え・ま・し・たーーー
2IMG_3333.jpg
白い頭の部分だけ!!!

非常に、わかりにくいと思います・・・
2IMG3333.jpg
こちら同画像でコントラストをぎぎぎっと

ありますよね、渥美火力発電所の上

すこぶる快晴の5日
2IMG_3329.jpg
飛島も浮島も答志島も
2IMG_3328.jpg
どっかの雪山も
かなりクリアー

がんばった(←誰が)ご褒美は
2IMG_3350.jpg
赤福善哉を、二見にて[ミニは抹茶付き]
2IMG_3351.jpg
花より団子
2IMG_3339.jpg
posted by 浜参宮観察隊 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

三津のお正月飾り

杭に青竹をしばり上方に〆縄、下につぼきを12個
消し炭で横線を12本書いた割り木を12本
2IMG_2679.jpg
つぼきには、ゆづり葉を敷いて
竹を割つて半紙をはさむ
これは神様の箸で「みちくら」

玉船さんから聞いた三津の正月飾り

2IMG_2678.jpg
また今年もつくってくれました!
@三津・富山さん宅

正月暦はほかも地域色豊か

一月七日の七草は
「唐土の鳥と日本の鳥と対馬の沖を渡ろか渡らまいかあらそう所、
なづな、七草かけあわせてほとほとかけあわせてほとほと」

一月十日のゑびす講は
ゑびす、大黒、福の神、我が家に福を!小鯛を神様棚に供え、
「今年の鯛は大きいぞ!!これは高いぞ!!」とさゝやいた

小鯛は河崎町の魚屋・仁助さんが配ってくれてたそう

七草粥の日には、呪文を唱えてみるべし、か

posted by 浜参宮観察隊 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

西の大楠

所用で西のコミセンへ
2IMG_2689.jpg

紅葉してて発見
2IMG_2685.jpg
西の大楠、大楠の枝で漆が育ってました
2IMG_2687.jpg
幹周6メートル、樹高13メートル
樹齢1500年とか

こんなところにも
2IMG_2688.jpg
正月輪飾り、几帳面な西の人
posted by 浜参宮観察隊 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

元旦の夫婦岩へ

お正月、地元初詣を興玉さんと氏神さんへ
2IMG_2613.jpg
二見興玉神社のご祭神は・・・今更ながら
猿田彦大神と宇迦御魂(うがのみたま)大神
夫婦岩の沖合には
猿田彦大神ゆかりの霊石「興玉神石」が鎮まります

風おだやかな元旦夕方
2IMG_2607.jpg

甘酒、ラスト!ギリギリ最後の一杯でした
2IMG_2595.jpg
濃い味っ(大晦日から煮詰まった?)ごちそうさま

二見浦の清き渚
2IMG_2598.jpg
神宮参拝前に、垢離かきをした禊ぎの場です

無垢塩草(アマモ)でお祓い受けて、
どうぞ新春お伊勢参りを〜
posted by 浜参宮観察隊 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

大晦日は榊巻き

そういえば、大晦日って、いつも晴れ
2IMG_2394.jpg
恒例の松下社の榊巻き、これを見やんと
一年終われません

通い始めてから、ずっと雨ではなかったはず
2IMG_2386.jpg
いつものメンバーが
せっせ境内14箇所

榊をぐるぐる
2IMG_2404.jpg
松下社は平成27年7月に御遷座

それまで巻き続ける榊

お社の下は、もう、はみだしそうに大きくなってます

ちょうど、松下の人がお参り
「ながせの浜で採ってくるん」と
2IMG_2379.jpg
アマモと浜の砂
posted by 浜参宮観察隊 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする