2014年12月04日

のりそだの海

五十鈴川河口へ
今一色から堤防ドライブ
2IMG_9033.jpg
のりそだの季節です
いわゆる海苔筏
2IMG_9040.jpg
冬の伊勢湾風物詩

海に網を浮かべて
養殖されています
2IMG_9043.jpg
森からの水が海に流れ
ミネラル成分など栄養素たっぷり

海苔は海から工場に運ばれて洗浄
細かくしたあと四角い形に整えます

初海苔が待ち遠しい
posted by 浜参宮観察隊 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

雪の日の噂@二見浦

ちょいと、引っ張りますが…
2IMG_6416.jpg
雪降るとタイヘン
14日の出来事

ララパークを午後3時に出て帰路についたら
ウチに着いたの夜9時半だった、とか

コメリから旅館街まで3時間かかった、とか
(普通、5分、ですよね…)

その話を聞いた10分後にまたコメリ話
「昨日、コメリからここ(お宿@茶屋旅館街)まで
 5時間かかったゆうてたに」

ひょえー

ちなみに12時過ぎても42号は大渋滞だった、とか

なんでも池の浦あたりでタンクローリーが横転
んで、大渋滞のまま、凍ってみんな動けんだ、とか

志摩から高校生の息子を迎えに伊勢までやってきたら
ウチに帰れないから宿泊してく、とか

いろんな話がちらほらな、土曜の二見でした


posted by 浜参宮観察隊 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の朝@二見浦

雪かきって、ずいぶん体力いりますね
2IMG_6363.jpg
積雪の昨日から一夜明け
二見の町は真っ白け
2IMG_6348.jpg

2IMG_6376.jpg

賓日館のお出迎え雪だるま
2IMG_6332.jpg
昨日よりスリムになったようですが
あちこち朝からは雪かきに雪下ろし
2IMG_6330.jpg

溶けてきてるとはいえ
2IMG_6351.jpg
だいぶと、まだふごむ

雪はやっぱ慣れん
歩くのも、車も・・・
2IMG_6372.jpg
大事に至りませんように

2IMG_6355.jpg
堅田神社@茶屋
posted by 浜参宮観察隊 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

カエルの雪景色

興玉さんにて
2IMG_5851.jpg

案内所前にて
2IMG_5874.jpg
ブージー・エルカも耐えてました

9日(日)のおひなさんは
恒例の「二見の貝めし」デイ
数量限定 売り切れ御免 11時から販売です

2IMG_5901.jpg
初雪の朝のお知らせでした
posted by 浜参宮観察隊 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪化粧の土曜

夫婦岩
2IMG_5857.jpg
もう、朝の7時には雪から雨に

賓日館
2IMG_5864.jpg
御塩殿
2IMG_5885.jpg
荘の畑
2IMG_5899.jpg

二見と雪
posted by 浜参宮観察隊 at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

大寒の音無山

2IMG_5173.jpg
春の木、椿

椿の道
2IMG_5165.jpg

道の脇では
2IMG_5169.jpg
水仙が凛と

音無山です
posted by 浜参宮観察隊 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

寒中見舞い

2IMG_5008.jpg
数日前の夕刻、立ち寄った
汐合(しわえ)の姫宮さんです

京都伏見稲荷社(あー、湯豆腐…)の御分神
江戸時代の元文年間(1736ー1741)に
姫宮稲荷社として創祀されました

伊勢市内の稲荷講が今年も寒中見舞いに
2IMG_5003.jpg
桜木町雪峰講は10日に

2IMG_5007.jpg
そして河崎吉家講は24日に
(河辺七種神社にある吉家稲荷)

ただいま大寒、てことは、もうすぐ立春

春まで、もうちょい
posted by 浜参宮観察隊 at 03:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

箕獅子@西の初会 其の2

2IMG_4393.jpg
箕獅子の日は初会で、いわゆる元服

中学3年生男子が大人の仲間入りで
西区のみなさんの前で紹介されます

紹介の後は早速、乾杯
2IMG_4356.jpg

中学生はお酒でなくコーラかオレンジ
2IMG_4359.jpg

今年の中学3年生は1人欠席で6人です
2IMG_4379.jpg

宴たけなわ〜
2IMG_4357.jpg
今は日曜日にやってますが、昔は1月17日で八幡さんのお祭りに

この日は、西の人々、うかつに寝られんかったらしく
といいますのも、西のやんちゃなお兄さんたち、
夜になると、ちょっとしたいたずらをするのが恒例だったようで・・・

西中の石を、いわゆる花房さんの供養碑とか六地蔵とか、
そういったものを持ち運んで、まずはその年目出度く結婚した
おうちの庭へ、届けるんだそうです、頼んでないのに。。。

石を置かれたおうちは、翌朝、親戚一同集めて
また元あった場所に返さないといけないため
暴れん坊の兄さんらがやってくるのを待ちかまえ、
「どうぞお帰りなせってくだせー」みたいに
ウマイお酒と肴でふるまって追い返したそうな

「ヒマやったで、することなかったでのー」と

なんて陽気な・・・

「六地蔵、ひびいっとんのはそのせいやー、わははー」

豪快・・・



posted by 浜参宮観察隊 at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

箕獅子@西の初会 其の1

雪の舞う日に、西のコミセンへ
2IMG_4187.jpg
しゃもじの耳がウサギみたい

箱から出てきた箕獅子です

西区初会の日、午前中、
箕獅子を飾ってお参りしますが、まずはみんなで
2IMG_4188.jpg
橙の作業
2IMG_4190.jpg
潰さないよう、やわらかーく
2IMG_4191.jpg
橙をひたすら揉んでます
2IMG_4194.jpg
電話をしてても左手は動いてます

揉むこと1時間弱?ようやく中身を刳りぬいて、
2IMG_4206.jpg
セッティング準備完了

歯医者さん(口の中掃除機中)
2IMG_4217.jpg
目医者さん(両目を新しい橙に)
2IMG_4225.jpg
箕獅子、完成!
2IMG_4244.jpg
江戸時代に、神領復帰に尽力してくれた
山田奉行・花房志摩守への感謝を込めた
農民の手づくりお獅子さん

この箕獅子・・・
頭は、花房にちなんで“藤蔓"と竹で作った箕
目は、橙をお椀状にし、黒い目玉を填め込んで
鼻は、ヒョウタンに蕾を付けた梅の小枝
耳と舌は、しゃもじ
胴体は蚊帳を使い、裾には夫婦岩が描かれています
2IMG_4253.jpg
さっぶーい、雪がチラチラ

松陰神社(西の氏神・今は二見神社に合祀)に参拝し、
花房志摩守の供養塔では
2IMG_4294.jpg
獅子頭を付けてお参り

箕といえども、結構重いんですよ
2IMG_4295.jpg
そんなことより、御神酒に忙しい人たち

2IMG_4310.jpg
昔は二見十郷出てたらしいですが
今は西の人々で続けてくれてます

神領復帰がなかったら、お白石もなかったかも?!

3番目の立ち寄りは志茂田神社
2IMG_4341.jpg
今年から加わりました

ここの井戸水、かなりいいらしいです
できもんが治る、と西のじいちゃん、ゆうてます
2IMG_4330.jpg
がおー、キュート

*・*・*・*

鳥羽領主、九鬼嘉隆の二見押領により、
内宮外宮への御塩供進の儀が中絶、
二見郷民は高い年貢に苦しめられます

元和8年(1622)4月、二見郷神役人120人が連署し、
神領復帰を求め幕府に哀訴

同時に九鬼家からの追求を逃れるために、二見から集団脱走し、
以来12年間、江戸、京都にあって哀訴を続け、
厳しい辛酸をなめることに

寛永10年(1633)6月13日、九鬼家継嗣問題による国替えを機に、
山田奉行・花房志摩守(1581ー1641)の尽力により、
神領復帰を達成することができましたとさ ばんざーい!

供養碑は寛永18年4月、花房奉行死去の報を受け、
報恩謝徳のために設立
毎年正月17日の夜には、この前に集まり、
彼にゆかりの箕獅子の舞いをすることからはじまったとのこと

そして、続く・・・・・・・・・・
posted by 浜参宮観察隊 at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

夫婦岩 月の出 その2

2IMG_4065.jpg
仕事帰りでも間に合いました!

月の出時刻は18:15
2IMG_4056.jpg
17日目のお月さんは立待月

少ーし岩より上ですが
波がゆらゆら金色です

18日の月の出は19:09
posted by 浜参宮観察隊 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> 素描/冬・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする