2017年01月29日

さらに続いて三輪

大きな鳥居をくぐり、参道左手
ここにもありましたよ、夫婦岩です
IMG_9894.jpg
三輪の神と人間の女性の恋物語を伝える二つの岩

「古事記」にれば、美しい活玉依姫(いくたまよりひめ)のもとに
夜になると麗しい若者が訪ねてきました
ふたりは恋に落ち、姫は身ごもります
しかし姫の両親は若者の素性がわからず不審に思い
訪ねてきた時に糸巻きの麻糸を衣のすそに刺しました
糸を辿っていくと三輪山に辿り着いたとのこと

これにより若者の正体が大物主大神であり
お腹の子が神の子と知るのです

神様と恋に落ちた人間の女性にあやかって
良縁や夫婦和合を願う人々がお参りしています

こちら少し移動しまして奈良駅周辺
2016123017170001.jpg
看板に引き寄せられて路地へ入ってみますと
2016123017170000.jpg
夫婦饅頭!
IMG_9913.jpg
中はぎっしり粒餡でした
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446409063

この記事へのトラックバック