2007年06月07日

6月3日:本日の陸曳き/辻久留・徳川山・中島・出雲町

6月3日

第二次お木曳き陸曳き最終日です
陸曳き、19年後ですか!次回は

あっその前にお白石!


---------------------------------------------------------------



本日の一番車 辻久留栗友会
辻久留栗友会


太鼓が力強い!
女性メンバー大活躍
太鼓がすげぇ

女性メンバー大活躍


んでもって こんな
キャラも大活躍?
うむむ?


なぜに着ぐるみ…
ちびっこは大喜び
うひゃひゃと大喜び

趣味!?とのことですが
ネコにネズミ


大きなザイを持つ子供木遣りのあと
大きなザイの子供木遣り


元気よくエンヤ曳き
無事北御門まで奉曳です
えんやーー

お疲れ様です


---------------------------------------------------------------


二番車 徳川山鶴亀会

前へ 前へと元気のよい徳川山

1歳足らずの坊やも
ベビーカーでザイを振ります
ブバブバうひゃひゃ


あっこの子は
あっこの子は!

そうそう 大湊の奉曳で出合った
新聞紙ザイのあの子です

車の上のお父さんを応援!
(ザイの作り方ありがとです!)


元気に練り練り
元気に練り練り


そしてなんと
車も練り練り
車も?


なんと車も右に左に
練り練りしてるんです
器用ーな梃子チーム
器用パチパチパチ


小さい子もお年寄りも
みんなで仲良くエンヤで
無事到着です
えんやーー

到着〜



---------------------------------------------------------------


三番車は中島豊流団


先頭でちびっ子大活躍の
中島です
先頭で活躍!

ちびっ子大活躍


宮川沿いらしい名前の
豊流団
豊流団です


---------------------------------------------------------------


四番車 出雲町誠義会

これが3本積みです!
3本積みです!


これ 荷締め めっちゃ
大変ですよね
この技術がすごい!


天漁人の川端町と
豊栄会がお手伝い
お手伝い〜

お手伝い中〜


お木曳陸曳の
最終奉曳団

関場に残ったお木を
すべて浚うことから
朝の宮川では
「川浚え」として3本連ねて川の中へ
川浚え


最後の団にふさわしい
奉曳ですね

posted by 浜参宮観察隊 at 10:33| Comment(6) | TrackBack(0) | お木曳きのこと>二年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた疑問の数々です。

お木の本数ってどうやって決めるのでしょう?
基本は一本で伝統のあるところは数本とか?
申し込みの段階で数を決めるとか?
(どこへ申し込むの?本部でいいのかな?)

あと、棟持柱とかイワユル役木以外は
どんな感じで割り振られてるのでしょうか?
番号が書いてありますよね?
何番はどこそこに使うって決まってるのでしょうか?
それとも牛肉の追跡調査みたいな感じで(逆ですが)
何番のお木はどこそこへ使われました、とか?

そして自分達が曳いたお木はどこになったのか
知るスベはどうすれば・・・?
お白石の時に「あ、この木だわ!」とか思えると
ちょっとうれしいような・・・。
(いや、お白石って内宮だけでしたよね・・・。
外宮領の我々は見れないのかも。がーん)

あ、バリフリのテレビ見ましたよ。
横山展望台のところはちょっと目からウロコ。
「苦労させちゃいけない!無理させちゃ駄目」
とか勝手な先入観がありました。
いいんですよね、適度な汗、ちょっとした苦労。

神宮の玉砂利問題(?)の話が出始めたころ
某大学〜某職場で少しばかり関わりがあったので
あの結論が出た時にはホッとしました。
一時期のブームの過熱気味の風潮で
(と、いうと語弊があるかもしれませんが、最近、
何でもバリフリだユニバーサルデザインだと言い過ぎでは?)
守るべき何かが失われては大変ですよね。
冷静なNPOの方々で伊勢は幸せです。
Posted by 元伊勢市民 at 2007年06月08日 07:34
鶴亀会に参加のちびの親です。
すばらしい写真をありがとう。

次は川曳きがんばりましょう。
Posted by け&とも at 2007年06月10日 22:33
徳川山にて参加してまいりました!
【従姉妹んちに混ぜてもらいました】
陸曳きも楽しい〜!!

綱の前後は子供たちだったりしたので、
あまり無茶な練りはしなかったですが・・・。
って自分も体力無かったんですけどっ。

木遣りさんたちを綱に挟んで上げる時は
自ら飛び上がってもらいました。

最後、梃子方さんたちの腕の見せどころ!!
車が左右に練られてる??
いいもの見せてもらいました。

zapperさん、エンヤ曳き、どうもです。

陸曳きも終わってしまいました。
最後に陸曳きにも参加出来、川浚えも運良く見ることが出来ました!
誠義会の3本積みも!!
20年後まで脳裏の焼き付けておきます!!

元伊勢市民さん。
そうですよね。あのお木の数字、気になります。
外宮の貯木場、古そうなお木、たくさんあったけど、今年のお木は少なかったような・・・。

誰が謎解きして下さい〜

次は川曳きだあ〜
五十鈴川で待ってます〜
Posted by 磐子 at 2007年06月12日 21:56

磐子さん、こちらこそありがとうございました。

たまたま通りすがり(?)、たまたま法被を着てましたので(!?)、突然ながら途中から飛び入りでご一緒させていただくことに。
とても楽しかったです!!
また、貯木場まで曳かせていただき、貴重な経験をさせていただきました。

川曳き、いいですねぇ!
思う存分楽しんできてください。
(その日は仕事をしてるハズです…。)

お木の番号、可能な範囲で調べてみます。
(でも、あまり期待しないでくださいね。)

Posted by zapper at 2007年06月13日 03:06

亀レスですみません<(_ _)>

お木の番号の件ですが…。

自分の思いつく限りの事務局等に問い合わせてみましたが、『神宮さんのいわゆる「設計図」に記載されてて、この番号のお木はココ、って指示されてるんだと思うけど…。』という程度の回答しか得られませんでした。

遅くなったうえ、推測程度でスミマセン…<(_ _)>


Posted by zapper at 2007年07月14日 23:48
zapper様
ありがとうございます。
長さや太さの関係で番号を割振るのでしょうね。
たいせつなお木、無駄に使うことはありえないし。

設計図、お木曳きの秘密本とか出ないかな?(笑)
Posted by 元伊勢市民 at 2007年07月15日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック