2016年01月07日

山の神@松下

山の神のお祭り 松下にて
IMG_3154.jpg
今年は1月4日の月曜でした
年のはじめに山の神へ感謝し
山仕事の安全を祈願します
IMG_3126.jpg
お天気もよく、みなさん松下社の境内に
集まっております
IMG_3122.jpg
小さな竃でご飯の準備
炊事当番の人はしゃべったらあきません
ツバキの葉っぱをくわえながら
みなの誘惑にも負けず、無言…
IMG_3131.jpg
20分ほどで、できあがり(いつのまにか赤飯?!)

山の神の前では
33本の卯木を縄でしばった台の上に
ツバキのお皿を並べ、大根・人参の膾
IMG_3148.jpg
盛り付けするのも卯木の箸です
その数、末広がりまくりの88皿

清めの御神酒が大吟醸とは…
IMG_3139.jpg

できあがった神様の御膳の前に
太めの卯木とかわらけが置かれます
IMG_3150.jpg
この卯木は「槍」と呼ばれます
IMG_3144.jpg

松下の松栄会のみなさん
IMG_3157.jpg
素襖烏帽子を纏い二礼二拍手一拝のあと
七人が次々と卯木でかわらけを叩いていきます
IMG_3171.jpg
叩くというか、力一杯突き刺し割るんです
IMG_3175.jpg
山の神さまはコノハナサクヤヒメ
松栄会の力くらべ、喜んでご覧いただけたかと
posted by 浜参宮観察隊 at 05:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 二見の話題> 地元の小さなお祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二見が浦の「万代不易の碑」についてお話がしたいと思っています。

二見が浦保勝会のこと、
「連絡先・問い合わせ先」
が知りたいです。

よろしくお願いします。
Posted by 河ア政光 at 2017年01月04日 14:42
河アさま ご質問いただいており、返事が遅くなりすみません
二見浦保勝会は大正時代に二見名勝誌を発行したところのようです
その著者である坂本徳次郎さんは初代興玉神社宮司と「二見文化誌」の185頁に記されています
(情報提供HMCYさん、いつもありがとうございます!)

万代不易の碑について、当ブログでも少し紹介しています
http://hamasanguu.seesaa.net/article/18022758.html

神社に聞いてもらうのがいいかもしれません
Posted by 観察隊M at 2017年01月14日 01:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432218550

この記事へのトラックバック