2015年06月09日

関宿の鳥居・お木曳き

宇治橋の鳥居が昨年10月、新しくなり
その鳥居は、関宿東の追分と七里の渡しへ
5月30日と31日、それぞれにお木曳きがありました
1IMG_7366.jpg
こちら関宿、出発点は西の追分
奉曳車は・・・
1IMG_7367.jpg
合計3台?!(軽トラ含む)
柱二本は8.5メートル、
笠木は9.5、貫は5.5メートル
宇治橋東詰、いわゆる内側から
譲り受けた古材です

青空カンカン、いざ、出発ー
1IMG_7405.jpg
1.8キロの道のりです
寄せ木のワンタ
1IMG_7369.jpg
町並みステキな関宿
江戸の風情が残ります
1IMG_7475.jpg
婦人会の踊りも華やか
しかし、狭っ、牛谷坂的な雰囲気でしょか
1IMG_7622.jpg
音頭取りの奉曳唄に
続けて「ヨーサジャ」「エンヤサジャ」
関宿は東海道五十三次の47番目の宿場
1IMG_7564.jpg
こちら鈴鹿馬子唄
♪ 坂は照る照る鈴鹿は曇る
    あいの土山雨が降る
1IMG_7642.jpg
正午すぎ、奉曳車は順々に東追分に到着
用材を載せた3台の車が勢ぞろい
1IMG_7646.jpg
奉曳車2台は地元産のヒノキで造ったそう

そして。。。
前回から関の鳥居は神戸の生田へ
阪神大震災で被災した生田神社で
また鳥居として使われるんです
1IMG_7706.jpg
奉祝のお神楽に歓声が
1IMG_7691.jpg
お伊勢さんの古材、大切に受け継がれています

20年 内宮棟持柱+20年 宇治橋鳥居+20年 関東追分の鳥居
posted by 浜参宮観察隊 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢神宮点描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック