2006年06月06日

6月4日;太鼓台…

間に合いました!太鼓台出発。



いつも寝坊してしまうので
今回も心配でしたが、
8時半頃宮町到着。



ちょうど、外宮へ向けて練り出す
ところでした。



香川県宇多津町からやってきた
西町東太鼓台のご一行。



宇多津町の氏神様・宇夫階(うぶしな)神社が
昭和48年、火事で全焼したとき、
多賀宮のご正殿が宇夫階神社のご本殿として
復元されたようです。



その縁あって、今回の式年遷宮を記念し、
奉納することになったみたい。



朝の眠気をふっとばす掛け声と
わくわくするような太鼓の音が
宮町に響きます。



「東若」の法被に「宮町」法被が
まざります。途中、宇治人も楓人も
かついでおりましたな。



この太鼓台、
担ぎ手横棒の下あたりに太鼓を設置。
その上が、見事な水引き幕、
いろいろ細かい飾りがあって
5枚重ねの赤黒の布団が特徴。



立派でしょ、重そうでしょ。
重いのよ、やっぱ相当。
50人ぐらいでかついでました。



掛け声がかっこいいんです。
「とーまったい」
「さーしましょっ」
「世の中見事にせいっ」って。



太鼓台を地面に叩きつける勢いの
すごいこと、すごいこと・・・
またそれを瞬時にかつぎ上げる
力ったら、ほれぼれしちゃいます。



あの荒々しさはやっぱナマじゃないとね。



宮町からいつものお木曳きルートで
外宮前交差点へ、ちょっと一休みして、
外宮さん火除橋前に到着しました。



宮町と宇多津の絆ですね

宮町と宇田津の絆



太鼓の位置はココ!見えますか?

太鼓の位置は…,見えますか?


いよいよ宮町をスタート たこしな前

出発〜!たこしな前


勢いよく地面に叩きつけ
手際よく肩の上までかつぐ
いやーなかなかのリズムです

肩の上までかつぐ



肩の上までかつぐ



宮町人もまざってます
青年団長 髪 少し伸びましたね

宮町もまじる!@



宮町もまじる!A



「ゴマ付けぇー」の
声で出てきたのがこのワンタさん

「ゴマ付けぇー!」



子どもたちが太鼓台に乗り込み
みこしにのっかって喜んでます

子どもたち喜ぶ



そして外宮さんへ到着

外宮さんへ到着


 
外宮前 一休みのヒトコマ

外宮前一休みのヒトコマ



そして奉祝バージョンに

奉祝バージョン!



火除橋前で勇壮にかつぎます

火除橋前で勇壮にかつぐ!



宮町さんもはいって記念撮影〜

tai16.jpg


宇多津のみなさん,遠路はるばる
貴重なものをありがとうございました
posted by 浜参宮観察隊 at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | お木曳き拾遺> 宇多津の太鼓台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 本町、宮町、そして伊勢神宮関係者の皆々様の多大なるご協力のお陰で無事に太鼓台奉納を成し遂げれた事、感慨無量です。
伊勢の町に響き渡る拍子木の音。声高らかに掛け声を掛けれたこと、誇りに思います。
4月13日の奉曳車(本町)の綱曳き、式年遷宮への太鼓台の参加、内宮へのご参拝、一生忘れる事の出来ない出来事ばかり。
この縁は大切にしていきたいと思います。

UPされている写真の中に小さく写ってました(^^;
Posted by 拍子木を打つ者 at 2006年06月06日 22:44
=============================================
■拍子木を打つ者さん

ほんとうに貴重なものを見せていただき、ありがとうございました。

私管理人は、一日神領民のお木曳きをお手伝いさせてもらってたので、実は太鼓台は出発前から見ておりました。

独特の、掛け声、太鼓のリズム、担ぎから落とすなどの勇壮さ。伊勢のお木曳きとはまたぜんぜん違うものですね。

こういう縁は本当に大切に出来れば、と思います。

またぜひお越しください。機会があれば宇多津も訪ねたいです。

ありがとうございました。

Posted by 浜参宮観察隊Y(管理人) at 2006年06月07日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック