2006年05月30日

5月28日;本日の陸曳き・慶光院曳き

5月28日のお木曳きは
磯町の慶光院曳きを先頭に
二見の陸曳地区が出ておりました


ごひいきの地元を見て夕方5時
慶光院曳きがまだ宇治橋まで
来てないとの情報


とっとこ浦田の駐車場へ


いました!いました!
磯町さん


ちょうど浦田の交差点を
通過中


慶光院曳き@浦田の交差点


えっ磯町ってこんなに
住んでる?


きっとまた特別参加が多いのかな


宮川から外宮 そして内宮へ
距離にして8キロ



朝の6時から曳いております



この時点で夕方5時過ぎ・・・


それでもみなさん笑顔です


慶光院曳き車


慶光院曳き車拡大


運ぶお木は内宮御正宮の
トビラとは聞いてますが
思ったほど・・・


太くない?かも


慶光院曳きお木


慶光院曳きお木A


--------------------------------------------


慶光院曳きは
内宮御正宮の御扉に使われる木を曳きます


扉が一枚まるまる取れるような
大きな木は今じゃ なかなか ないんですな。


なので,普通サイズ(?)の木を
つなぎ合わせて御扉にするとか


ちなみに前々回,40年前には
御扉が一枚取れる
大きな木を運んでいます


40年前の慶光院曳き


(写真は友人の祖父撮影です:提供ありがとです)


--------------------------------------------


そしてこれはみなさん黙祷の図


内宮向かって左側に慶光院さん
右側が荒木田さんの墓地に向かい
頭を垂れて祈っております


慶光院さんの墓地


--------------------------------------------


墓所の場所は…


23号線,宇治浦田の交差点から
ちょっと内宮方面へ入ったところです


詳しくは,こちらをどうぞ→http://www.ise-kanko.jp/html/map/uji.html
(伊勢市観光協会のHPより ; 23号線の青マークのところ)


そもそも慶光院とは尼僧の総称です


初代から15代までの慶光院上人の墓があるそうです


初代,三世,四世,五世慶光院は
戦国時代,130年に渡って行われなかった
神宮遷宮復興に大変な力を注がれた方だそうで。


その慶光院と磯町の深い関係については
いずれまた…


えぇ,また,いずれ…


--------------------------------------------


そして木遣り一筋(?)の
おじいちゃんにザイを
見せてもらいました


木遣り一筋のおじいちゃん


完全にシデの形ですね
しかも?あんちょこ付き!


木遣り一筋のおじいちゃんのザイ


そして宇治人のおもてなしで
沿道もにぎやか


宇治人のおもてなし


道路いっぱいにエンヤエンヤです


道路いっぱいにエンヤエンヤ


陽がかたむきかけたころ
宇治橋前に奉曳車やぁっと到着〜
暑い中 みなさんおつかれさまですー


みなさんおつかれさまですー


陽がかたむきかけたころだよ!


(でもでもまだこの後、おはらい町→
宇治工作所へ向かうのですが)


そしておはらい町の
旧慶光院さんの表門です


旧慶光院さんの表門



=========================================

■5月28日(日)のお木曳き:

磯町,川端町,二見・西,今一色,荘,小俣・小俣
posted by 浜参宮観察隊 at 16:51| Comment(6) | TrackBack(0) | お木曳きのこと> 一年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
磯町の慶光院曳。
何やら深い由縁があるんでしたな。
旧神領民からしたら憧れ?の外宮・内宮共に
行くんですもんね。
また解説、頼みますよ。管理人さん。

しかし、ほぼ一日!!??
12時間以上?
写真見るとほんまに陽、傾いてますもん。
天気も良くて良かったですね。

Posted by 磐子 at 2006年05月30日 22:33
■磐子さん

なにやら深い由縁があるんです。
現在調べ中です。
えぇ,いずれ,また。


>旧神領民からしたら憧れ?の外宮・内宮共に
>行くんですもんね。

なんだか,大湊とともに,ちょっと憧れますな。
ほんに。

でも,本当に丸々一日曳くというのも,大変だろうな…,と思ったり。

でも元気なじいちゃん見ると,楽しいんだろな,とも思ったり。
Posted by 浜参宮観察隊Y(管理人) at 2006年05月31日 10:13
朝から慶光院曳きについていっちゃいました。
市役所前でメゲて一旦帰宅。
そして、内宮にお迎えに行きました。

半日曳いてもみんなの笑顔が素敵だった。

はじめは消極的だった女子の木遣りも、
おはらい町ではすっかりノリノリでしたね。
みなさん、長丁場、お疲れさま。
Posted by Poncha at 2006年05月31日 23:57
■Ponchaさん

朝からずっとですかっ,追っかけ!

すげー

> はじめは消極的だった女子の木遣りも、
> おはらい町ではすっかりノリノリでしたね。

こういうのが,おもしろいですね。
時間経過と共に,ノリノリ

いや〜いいです。
Posted by 浜参宮観察隊Y(管理人) at 2006年06月01日 14:34
前日の大雨の中、我が団だったのでクタクタだったのですが、
朝すごい良い天気、これを逃すと20年後、と行きました。

浦田の駐車場から。(しんどくて寝てました3時まで)

写真から推測すると管理人さまと丁度逆側を歩いていました。
ナチュラルハイってやつでしょうか?練って練って練って・・・。
(いや、内宮前で赤福さんから振舞われたお酒のせい?)
曳き綱も長かったのでこっちで木遣りを歌っているのにあっちでは練ってたり。
旧慶光院前についた時はとっぷり日も暮れてました。

夜の浦田橋をエンヤ曳きで工作所まで行ってました。
(そう、ついて行きました私・・・。)

なんでも途中で車が壊れて、1時間かけて直したのでずいぶん遅れたとのこと。
よっぱらったおっちゃん曰く「これから車ばらして12時に帰れるかな?ハッハッハッ!
前の時は11時やったで(20年前の話?)」

Posted by 元伊勢市民 at 2006年06月03日 21:48
■元伊勢市民さん

おぉ,慶光院曳きの感想ありがとうございます。

> クタクタだったのですが、
> 朝すごい良い天気、これを逃すと20年後、と行きました。

というあたりがすごい!確かに慶光院曳きは20年に一度ですもんね。来年の第二次には磯町さん,もう出ないんですね。

しかし,帰りが11時というのがすごい!
Posted by 浜参宮観察隊Y(管理人) at 2006年06月05日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック