2010年11月05日

鯛の左洲さん

鯛ではありませんが。。。
sashu.jpg

発見!左洲さん

熊野古道センター@尾鷲にて
開催中の「筏師の道」(12/19まで)

筏師の道具に混じって
左洲さんの「筏乗之図」

大正2年11月、熊野漫遊の旅の途上
新宮の植松氏宅にて描かれたものとか(キャプションより)


「鯛の左洲さん」 と親しまれている画家・中村左洲は
明治 6年(1873)二見町今一色生まれ
昭和28年に81歳で没するまで二見の地で
鯛の絵をはじめ多くの作品を残しました

四条派の画家・磯部百鱗(伊勢)から絵の手ほどきを受け
明治28年の第4回内国勧業博覧会に「製塩図」出品
大正6年の第11回文展では入選した「群れる鯛」 が
御木本幸吉翁の眼にとまり 買い上げられたという逸話も

賓日館の蔵には
左洲さんの展示アリです
posted by 浜参宮観察隊 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 二見の話題> ほっほ〜、な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック