2009年07月26日

夏の土用は神宮の塩づくり

潜島に引き続き???
またまた藁をよってます
藁をよっております・・・
こちらは西の御塩浜

塩作り、始まる
暑い日差しの土用に
塩づくりがはじまりました

さっきの藁は焼き上がって
できた御塩を詰める俵用です

一色町の方々です
ご奉仕に当たるのは
一色町のみなさん

一色町…伊勢市一色町。五十鈴川を挟んでちょうど二見町の反対側。古来神宮の塩作りは一色町在住の人々によって行われる。御塩浜や御塩殿神社…、神宮の製塩施設はすべて二見町にあるのだが。不思議…


塩だこ!
沼井から潮だこで運び出し
このかん水を煮詰めます
今日できた鹹水を樽におさめます

馬?
「馬」?
これは神馬さん用の御塩だそうです


御塩浜はここ!
posted by 浜参宮観察隊 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢の話題> 伊勢神宮点描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック