2006年05月30日

5月28日;本日の陸曳き・慶光院曳き

5月28日のお木曳きは
磯町の慶光院曳きを先頭に
二見の陸曳地区が出ておりました


ごひいきの地元を見て夕方5時
慶光院曳きがまだ宇治橋まで
来てないとの情報


とっとこ浦田の駐車場へ


いました!いました!
磯町さん


ちょうど浦田の交差点を
通過中


慶光院曳き@浦田の交差点


えっ磯町ってこんなに
住んでる?


きっとまた特別参加が多いのかな


宮川から外宮 そして内宮へ
距離にして8キロ



朝の6時から曳いております



この時点で夕方5時過ぎ・・・


それでもみなさん笑顔です


慶光院曳き車


慶光院曳き車拡大


運ぶお木は内宮御正宮の
トビラとは聞いてますが
思ったほど・・・


太くない?かも


慶光院曳きお木


慶光院曳きお木A


--------------------------------------------


慶光院曳きは
内宮御正宮の御扉に使われる木を曳きます


扉が一枚まるまる取れるような
大きな木は今じゃ なかなか ないんですな。


なので,普通サイズ(?)の木を
つなぎ合わせて御扉にするとか


ちなみに前々回,40年前には
御扉が一枚取れる
大きな木を運んでいます


40年前の慶光院曳き


(写真は友人の祖父撮影です:提供ありがとです)


--------------------------------------------


そしてこれはみなさん黙祷の図


内宮向かって左側に慶光院さん
右側が荒木田さんの墓地に向かい
頭を垂れて祈っております


慶光院さんの墓地


--------------------------------------------


墓所の場所は…


23号線,宇治浦田の交差点から
ちょっと内宮方面へ入ったところです


詳しくは,こちらをどうぞ→http://www.ise-kanko.jp/html/map/uji.html
(伊勢市観光協会のHPより ; 23号線の青マークのところ)


そもそも慶光院とは尼僧の総称です


初代から15代までの慶光院上人の墓があるそうです


初代,三世,四世,五世慶光院は
戦国時代,130年に渡って行われなかった
神宮遷宮復興に大変な力を注がれた方だそうで。


その慶光院と磯町の深い関係については
いずれまた…


えぇ,また,いずれ…


--------------------------------------------


そして木遣り一筋(?)の
おじいちゃんにザイを
見せてもらいました


木遣り一筋のおじいちゃん


完全にシデの形ですね
しかも?あんちょこ付き!


木遣り一筋のおじいちゃんのザイ


そして宇治人のおもてなしで
沿道もにぎやか


宇治人のおもてなし


道路いっぱいにエンヤエンヤです


道路いっぱいにエンヤエンヤ


陽がかたむきかけたころ
宇治橋前に奉曳車やぁっと到着〜
暑い中 みなさんおつかれさまですー


みなさんおつかれさまですー


陽がかたむきかけたころだよ!


(でもでもまだこの後、おはらい町→
宇治工作所へ向かうのですが)


そしておはらい町の
旧慶光院さんの表門です


旧慶光院さんの表門



=========================================

■5月28日(日)のお木曳き:

磯町,川端町,二見・西,今一色,荘,小俣・小俣
posted by 浜参宮観察隊 at 16:51| Comment(6) | TrackBack(0) | お木曳きのこと> 一年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高柳商店街にて…

お木曳き 地方発送承ります


え゛、地方発送ですか。


お木曳き車_地方発送


…どこでお木を曳くんだろうと考えてしまいました。


張ってあるラベルのお酒?


それとも、お木曳き車の模型?


……?







今年は6月10日からです!


6月10日からです


なんと 夜店にまで影響でてます お木曳き!
みなさん お間違いなくお出掛けください…
posted by 浜参宮観察隊 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと> 記念にいかが? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする