2006年05月09日

5月5日,6日;一日神領民

一日神領民,という制度(?)があります。


本来伊勢神宮のお木曳き等の行事は
江戸期までの神宮領に住んでいた人たちで
行われていました。


例えば外宮領の住民なら外宮の,
内宮領の住民なら内宮の,という具合に。


いわゆる,旧神領民,ってヤツですね。


旧小俣町を除く
宮川以南の(新)伊勢市にほぼ等しいです。


ご存知のように旧小俣町は
今回合併を期に初参加でござります。


-------------------------------------------------------


そういう限られた人しか出来ないお木曳きを
せっかくなら全国の人たちにも
楽しんでいただきたい・・・


ということで前回20年前から始った,
一日神領民。


伊勢市観光協会が募集しております。


お木曳一日神領民を募集しています(伊勢市観光協会)



そこのあなた,いっちょどうです?


(誰に行ってんだ?)


奉曳日は…


5月6日(土),12日(金),14日(日),19日(金),26日(金),6月2日(金)・4日(日)


となっております。


-------------------------------------------------------


さてさて。


5月6日から始る一日神領民奉曳に先立ち,
一日神領民の方々の浜参宮が5月5日から始りました。


この日は遠くは山形からの団体さんもおみえでした。


団体さんでいらっしゃる浜参宮,
興玉さんでは,浜でお払いが行われます。


一日神領民・禊浜


この浜,
この場所から左へ視線を移すと…


一日神領民・禊浜浜辺


磯遊びが出来ます。


…禊を受けて,磯遊び。


一石二鳥ですな。(へぇ?)


そして,禊浜への道です。


一日神領民法被


場所は…

興玉さん拝殿を過ぎ,
夫婦岩も過ぎ,
奥にある八大竜王社(竜宮さん)前です。


ちなみに…
この白い『伊勢』と書いてあるはっぴは
お代が奉曳参加費用に含まれてます。
記念にお持ち帰りしていただけます。


一日神領民・お帰り


お払いを終えられた一日神領民の方々です。
石畳になった二見の旅館街,
なかなかの風情です。

地元ながら,エエですな。


-------------------------------------------------------


さて明けて6日の一日神領民の浜参宮です。


この日はすごかったです。


総勢1000人以上もの団体さんが2団体
お越しになりました。


(その他もろもろで10団体さんくらいでしょうか?)


正直,二見のお迎え側はてんてこ舞いでした。


(ほんとだよ@駐車場係談)


いやいや,これだけの人に来ていただけるのは
地元としてはうれしですな。


拝殿前も人人人…,です。


一日神領民・拝殿前


興玉さん入り口も,人人人…


一日神領民・興玉神社前


でも…
この2日だけです。
一日神領民の方々が旅館街を歩いて
興玉さん正面から入るのは。


これ以後は
オトナな事情で,興玉さんの裏からはいるとか。


-------------------------------------------------------


ところで…


旧神領といえば,
御園・小林地区は江戸期に山田奉行所があった関係か
昔の地図では幕府の天領になってるんですわ。

神領じゃないんですわ。

小林地区って奉曳団あるんですか?


(と誰に聞くともなく,こんな場で素な質問)
posted by 浜参宮観察隊 at 16:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 本日の浜参宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月29日:本日の浜参宮(写真が!)

4月29日,浜参宮へ唯一お越しの御園・高向。


いやいやいや〜,アップしたときにですねぇ
写真がない!と騒いでおりました。
http://hamasanguu.seesaa.net/article/17183017.html


> はっぴは藤色でバックは赤で『高』の文字
> しろい波頭のがらに,黄色の帯。


> 海岸堤防には,ずらりとならんで,
> 子供木遣りの披露。


> そうそう,子供木遣りといえば
> 高向の子供木遣りの采も
> この形


て書いてても,分かるかぃ!


というお声が飛んできそうで…(汗


m( _ 浜 _ )m


-------------------------------------------------------


そしたらですねぇ,
なんとですねぇ・・・



写真の提供していただいた!



う〜ん,ありがとうです。


感謝です。


もう足を向けて寝られません
(なにいってんだ?)


というわけで,もう一度
御園・高向の浜参宮をお伝えします。


-------------------------------------------------------

これですわ。


> はっぴは藤色でバックは赤で『高』の文字
> しろい波頭のがらに,黄色の帯。


高向・興玉広場


で興玉さん前広場にあふれかえる
高向奉曳団。


こんな感じで
木遣り披露,手踊り。


当初500名と伺っていた高向奉曳団,
もっといたんじゃないでしょうか?


もう,興玉広場は
すっかり人があふれる
お祭り広場でした。


高向・拝殿


こちらは興玉神社拝殿前。


高向の女性木遣りの方々です。


そして,
夫婦岩前の浜での子供木遣り。


高向・子供木遣り


ちょうど潮がひいてたんですな。
本来の浜参宮の姿じゃないでしょうか?
海岸での禊。


えっ?この後夫婦岩に……?


へぇ〜そーなんですかぁ……


(何が?)


posted by 浜参宮観察隊 at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 本日の浜参宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする