2006年05月07日

5月7日;本日の陸曳き

本日も陸曳観察へ


まず最初に出会ったのは仲町さん
浜参宮のとき、太鼓のバチ持った人が
たくさんいた奉曳団です


浜参宮の常盤仲町は,こちら↓
http://hamasanguu.seesaa.net/article/16725394.html


常盤仲町



今日は常磐・宮町・浦口と
陸曳ルート沿いのみなさんが
雨降る中、がんばって曳きます


-------------------------------------------------------


そしてドンデン場付近へ

宮町のみなさん
ちょうど荷締めのところでした


宮町・荷締め


そして
お木曳き仕様???のヘアスタイル


宮町・意気込み!


いや〜意気込みですね、拍手!!!


そしてこれが どんでん場
陸曳の見どころポイントです


どんでん場


宮川堤のどんでん場
ソリに積んだお木を
堤防まで一気に曳きあげるのです


でも 今日も間に合わなかった・・・
なので 写真にはカメラマン(かな)以外
何も写ってませんが どんでん場です


ちなみにこれは
どんでんしたて(?)の
まだソリの上のお木です
浦口町です


浦口・どんでん終えて


お木を車に乗せ
趣向を凝らして飾り付け中の
常磐西世古です


常磐西世古・飾り付け


-------------------------------------------------------

ごひいき(!)の宮町まで来ましたら
今日の1番車常磐表町に遭遇しました


常磐表町


そして伊勢の町には各奉曳団の
のぼりもたなびいております


のぼり


=========================================


さてさてさて…
本日は浜参宮の時
仲良くしていただいた宮町登場です!


浜参宮の宮町は,こちら↓
http://hamasanguu.seesaa.net/article/17025698.html


ごひいき(!)の宮町
すっかり『おっかけ』です(笑)


本木遣りの登場です!
かっこええ〜


宮町・本木遣り


エンヤッエンヤッで
曳き手のみなさん
雨の中でも楽しそう


宮町・曳き手


縁の下の力持ち


宮町・梃子,綱元


この綱元,梃子係がいなけりゃ
車は動かんのです
制御できんのです


ほんとうにごくろうさまです


↓見よ この真剣な眼差し
20年後もよろしくね


宮町・真剣!


無事に難関,
外宮北御門入り口の
交差点を過ぎました
いよいよ外宮さんです


宮町・北御門


そして火除橋前に無事到着
おつかれさまでしたー


宮町・到着!


そして今日も出会いました
20万キロのトラックの勇士
今日は浜参宮よりちょいと
グレードアップしてます


宮町・先導車


そしてしつこいですが・・・
またまた青年団長です


宮町・青年団長


だんちょ〜
大勢の中でもやっぱ目立ちますよ
その宮町スタイル


そして最後の引き込み
山田工作所の貯木場へ


奉曳車からお木をおろす作業です
飾り付けをはずしていきます


宮町・飾り外し


そうそう車のこんなところにも
奉曳団のトレードマークが
宮町ワンタです


宮町・ワンタ


右側が貯木場
運ばれたお木はここに行きます。


貯木場


お木がぷかぷか
飾りが全部とれました


そして今日一日
みんな心をひとつにし
曳っぱった綱です


宮町・綱


ザイも雨の中しっかり
振り下ろされたようで

宮町のみなさん無事奉曳
おつかれさまでした!


=========================================

■5月7日(日)のお木曳き:

常盤表町,常盤中町,常盤第一,常盤西世古,宮町,浦口町
posted by 浜参宮観察隊 at 22:40| Comment(3) | TrackBack(0) | お木曳きのこと> 一年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月6日;本日の陸曳き

本日の外宮前


どちらも駐車場です


ひとつは明日の一日神領民の
お木曳き車です
お木のセット中
おっきいでしょ
クレーン車と ほぼ同じ


一日神領民・車


そしてこちらは京町さん
北御門前に無事
たどりつきました


京町・車



本日 最終の二俣町


二俣町先導車


これは
お木曳き車ではありませんが
伊勢音頭の踊りと生演奏で
賑やかに盛り上げておりました


二俣町・伊勢音頭


ツバメ飛ぶ装飾に
ツバメ舞う着物です
燕尾会の二俣町です


=========================================


■5月6日(金)のお木曳き:

小川町,宮川町,西口町,京町,二俣町
posted by 浜参宮観察隊 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと> 一年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そういえば・・・

『お木曳き』のことを


『オキビキ』


と発音される,とよく聞きますな。


確かに,日本語標準語の基準NHK的標準語で発音すると,お木曳きは


『ンタタタ』のリズムに乗ります。


実際NHKのアナウンサーはそのように発音します。


そう発音すると,口から出る音として


『オキビキ』


のほうが自然,との声もありそうです(勝手な推測です,はい)


でも,オキビキはいただけませんな。


漢字にすると,





置き引き





ですので…
posted by 浜参宮観察隊 at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | お木曳き関係で…> 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月5日;本日の陸曳き

というわけで
浜参宮も残すところあとわずか。


このテンションを保とうと
お木曳きまで引っ張りました!


う〜む,タイトル少し変えなきゃ…。


というわけで,『浜参宮だより』改め

『浜参宮だより ; お木曳きもいってみよ〜!』

に急遽勝手にタイトル変更!


浜参宮でお目にかかった各団の方々の
本曳きでの様子もお伝えします。


-------------------------------------------------------


さてさて,少しアップが遅れました… m( _ 浜 _ )m


5月5日,お木曳き初日です!


それでは,5月5日の分,いってみよ〜



5月5日はすこぶる快晴
太陽カンカン青空の下
陸曳初日をむかえました


中島出雲町は“誠義会”
一年次はトップバッター
二年次には締めを飾るそうです


“誠義会”とは神宮さんに対する
想いから名付けられたよう
熱いですね 神領民の心意気


車輌部長のワンなりチェック


ワンなりチェック


この作業が結構緻密なんです
またこれでワン鳴りの音が決まります
結構気の抜けない作業です。


ワンなりチェック2


ちびっ子もがんばりました


ちびっ子・出雲町


次回20年後のお木曳きのとき
君たちの記憶に残っているかな?
大人になって伊勢を離れることになっていても
忘れないでほしいな


これが伊勢なんだよ。
生まれ育った街なんだよ。


さて,いよいよ中島出雲町出発間近


中島出雲町出発


本木遣りの出番です


中島出雲町本木遣り


・・・いつも思うんですけど,
川曳きな私達はこういう形の
木遣りというものがないんです。


(ソリごと沈んでしまうかもしれませんもんね)


本木遣り,かっこいいです。


曳き手も暑さに負けじと綱を揺らし練ります


中島出雲町練り1


中島出雲町練り2


これぞ陸の醍醐味!
練って練って練って
ついでに木遣りを綱で挟み込んで…
すんごい楽しそうです。
笑顔です!


川曳きである私達は,
ここまで練れないんですよ。
水の中,なもんで。


(隣の芝は青く見える・・・?)


-------------------------------------------------------


さてさてこちらはドンデン場付近
徳川山と辻久留が出番を待ちます


出待ち出雲町


辻久留は,荷締め作業です
梃子部隊の荷締めの様子です
けっこう神経つかいます


辻久留・荷締め


-------------------------------------------------------


外宮前に到着寸前の出雲町
最後の関門?交差点のカーブを曲がりました
豊栄会や川端町のみなさんがヘルプしてます。


出雲町外宮


団名板,よ〜く見ると
『衆議院議長 田村元』の文字と落款が・・・
この写真では小さくて見えませんが,
オリジナルにはばっちし写っております。


駐車場内北御門まであと少し


出雲町外宮北御門


新緑の季節ですねえ〜


-------------------------------------------------------


そして ハプニング(?)前・・・の,辻久留です


辻久留


あと少し エンヤッ
この交差点が難儀な関門なんです


辻久留・最後の難関!


そしてこの直後・・・


=========================================


■5月5日(金)のお木曳き:

中島・出雲町,中島,徳川山,辻久留
posted by 浜参宮観察隊 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳きのこと> 一年次陸曳き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする