2006年04月26日

いろんなはっぴ!その2

そうです,そうです。
忘れてはいけません。


今回から初参加の小俣です。


小俣


宮川の桜をモチーフにしたはっぴ。
胸元には小俣の2つの団の名前
『おばた』,『あけの』と
団別に白抜きしてありまする。


バックは『おばた』です。


小俣・後ろ


木遣り子です。
黒字に赤の桜が舞ってます。


小俣・木遣り子


外宮のお膝元本町
グレーの細かな格子模様でシンプル。


本町


後ろは『日の丸』


本町・後ろ


古市は,ブルーグレー。
こちらも落ち着いたイイ感じ。


古市


後ろには,お多福。
・・・なんでお多福?


古市・お多福


桜木町
さくら,です。


桜木町



ちなみにこのわんこもはっぴ着ています。
(ちょっとみにくいですぅ)


桜木町・わんこも


そして奉曳団本部


奉曳団本部1


奉曳団本部2


・・・はオフィシャル(?)のはっぴです。
posted by 浜参宮観察隊 at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | お木曳き関係で…> はっぴいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

各木遣り団:その2

陸と川の2団です。


京町奉曳団と古市奉曳団。
(共に3月19日に浜参宮にお越し)


ご存知のように
陸のザイは和紙,川のザイは木(柳の薄削)。


京町・木遣り
京町奉曳団・木遣り団


古市・木遣り
古市奉曳団・木遣り団


いやいやいや〜
前から陸の法被が
かっこええ!と思うとりました。


なんだか,ハーフコート丈が多い。


それに比べて私(ウチの団)の法被は
腰まで丈。


長いのがいいなぁ…
と思ってました。


でも,川曳きであるウチの団,
よく考えたらハーフコート丈の法被だと
川の中では歩けないじゃないか!
という結論を得ました。


増水した五十鈴川を曳いた
役木の時,腰丈の法被でも
へぇこら言いました。


そういや川曳きの古市も
みんな腰丈。


その他の川曳きも腰丈。


川ン中歩きやすいように
なんですな。
多分。


DSC05124.JPG


DSC05136.jpg


濡れることが前提の川のはっぴ
濡れないことが前提の陸のはっぴ


この,法被の形
ザイの形とともに
川と陸の大きな違い
なんでしょうな。
posted by 浜参宮観察隊 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳き関係で…> 木遣り特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする