2006年04月10日

4月9日:本日の浜参宮

今日の一番乗りは宇治の奉曳団のみなさま。
館、浦田、今在家、中之切の団が今回はひとつに。
なのでハッピもすべて新調したそうです。


0409-1-1.jpg


興玉さん本殿で木遣りを奉納する
宇治奉曳団のみなさま。


0409-1-2.jpg


木遣り子のハッピには御正殿の千木が。
神宮のお膝元らしい絵柄に納得。


ちなみに曳き手のハッピは
左袖のところに赤い字で
地区名が書かれてありました。


0409-2-1.jpg


宇治の奉曳団のお帰り。
賓日館のうしろの山は桜彩り春盛り。


0409-2-2.jpg


下長屋の子ども木遣りは
紋付き袴の全身水色。
なんかみやびないい感じ。


0409-3-1.jpg


本日9日は,
曽根,岡本,吹上,岩渕,尾上,岡本豊宮崎団が来ました。
宇治連合団も来ました。


『宇治』と『山田』がほぼ揃い踏みぃ,です。


曽祢の道唄連では
立派に生演奏。


0409-3-2.jpg


曽祢のザイ、こんなに
カールしてるんです。


0409-4-1.jpg


岩淵のちびっ子、
ザイの振り方に力はいってました。


0409-4-2.jpg


女性の皆さんも盛り上げております。
生涯学習センター(昔の二見バスセンターです)横広場で
手踊り披露の神社です。


0409-5-1.jpg


駅前広場で輪踊りの尾上町。


0409-5-2.jpg


そうそう,ハッピがおもしろのです。


岡本といえば宇治山田駅周辺のにぎやかな
伊勢市の中心でもありますが、ハッピに
書かれたカエデの絵。どうしてカエデ?


0409-6-1.jpg


岡本近辺、
むかしはカエデの木が多い静かな静かな
ところだったとか。


そして鹿の鳴き声も聞こえる里であったと
伝えられ、「鹿聞里(しかきくさと)」と
呼んでるそうな。


風流ですなあ。


岡本町は1丁目と2丁目は鹿聞里で3丁目は宮崎。


宮崎はわりと新しい地区で宮崎(豊宮崎)文庫から
地区名になってるみたいです。


 豊宮崎文庫は慶安元年に造られた
 外宮祠官子弟ための学舎のこと。
 講堂が明治に焼け、資料は神宮文庫に展示されています。



もひとつついでに、カエデの兄弟。
太鼓演奏に聴き惚れる
岡本町カエデのちびっ子たちです。


0409-8-1.jpg


そして吹上町。軍配に富に貴?


0409-6-2.jpg


「ふうきあげや、これは」と長老さん。
江戸時代の文献にこの字がはまってるみたい。
きっとお金持ちの町だったんでしょね。


それと山田奉行が一時吹上(富貴上)におかれていたころ
お奉行さんが角力取りを数人面倒見ていたことから
軍配の紋が伝えられてるようで。
ハッピひとつでも歴史を紐解くと
いろいろ見えてきますねえ。


岩淵のみなさん、
JRに乗ってお見えでした。


0409-7-1.jpg


ホームも広場も人人人。
にぎやかな駅前。


0409-7-2.jpg


混雑の興玉さん。
時間が来るまで貝殻拾って浜遊びに夢中の図。


0409-8-2.jpg


すぐ目の前は海だもん。
これも楽しいよね。


こちらは岡本町カエデさんの時間待ちの図。


0409-9-1.jpg


いつもと違う、浜参宮時間なのです。


そして浜参宮後のなごみの一コマ。
堤防でお弁当。


0409-9-2.jpg


これも楽しいそう。


遠足気分,みんなたのしく浜参宮。


-----------------------------------------

■4月8日:本日お越しの各奉曳団■

●宇治連合奉曳団
●下長屋奉曳団
●中村町奉曳団
●神社港辰組
●曽根町奉曳団
●岡本町奉曳団
●吹上町奉曳団
●岩渕町奉曳団
●尾上町奉曳団
●岡本町宮崎奉曳団
posted by 浜参宮観察隊 at 12:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 本日の浜参宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする