2006年04月14日

各木遣り団:その1

4月9日

今日はいいお天気。浜では風ビュービューでしたが。
木遣り唄が吸い込まれるようなお空でした。


駅前でにぎやかに、木遣り披露の吹上町

1-1.jpg


9-1.jpg


9-2.jpg


女性木遣りの声が響く生涯学習センター(旧二見バスセンター)前の曽祢町


1-2.jpg


曽根町の一人木遣りです。
かっこええ〜


3-1.jpg


3-2.jpg


旅館街を行く港町の神社、辰組木遣りも元気いっぱい。


2-2.jpg


外宮の摂社である御饗神社が神社の氏神さん
別名「辰神さん」


なるほど,だから辰組なのね。


ちなみに
社の中には「辰の井」という井戸があり,
一月初辰の日に水を分けてもらって
家の周囲にまくと火災よけになるんだそうで。


浜風ぴゅーの興玉さん前
元気な楠部木遣り


5-1.jpg


興玉さん拝殿で木遣り奉納です,八日市場


6-1.jpg


浜参宮の後…


休憩する旅館では
お礼(?)木遣りの,辻久留


8-1.jpg


8-2.jpg


----------------------------------------------

●おまけ
旅館街をふらふらして見つけたもの


ミニお木曳き車
神宮会館等で買えます。

4-1.jpg



二見といえば,蘇民将来子孫門
これを壁に…
巨大です。

7-1.jpg
posted by 浜参宮観察隊 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳き関係で…> 木遣り特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役木曳きって…?

浜参宮観察隊一同は4月12日,内宮領お木曳き始めである 『役木曳き』 に行ってきました。

→ http://hamasanguu.seesaa.net/article/16497581.html


ここではちょっと 『役木曳き』 について記しておきます。


-------------------------------------------------------------

●役木曳き

正式名称 :『御木曳初式(おきひきぞめしき)』

日程
○内宮正宮・同別宮(荒祭宮,風日祈宮,月読宮,倭姫宮):2006年4月12日
○外宮正宮・同別宮(多賀宮,土宮,月夜見宮,風宮):2006年4月13日


●木曳行事の皮切りとして、両宮御正殿棟持柱などの重要な用材(「役木」という)を,特定の「神領民(江戸時代以前の伊勢神宮領地の住民)」が曳く儀式。

●役木は,内宮・外宮とも,御正宮が各3本,別宮は各1本である。

●内宮領川曳きは用材を『御手洗場』から上げる。
(普段のお木曳きは宇治橋神苑側から上げる。今回は増水のため,宇治橋上げになる)

●別宮役木は、その御敷地まで運び入れるため、別宮まで最後は木を担いで奉搬する。

●また内宮別宮の月読4宮・倭姫宮は役木を川曳き用ソリに乗せた陸曳となる。

wikipediaより引用・加筆)

-------------------------------------------------------------

また,各役木を奉曳する団は次のとおりです。


内宮領(川曳き)
 (手元の資料は『学区別表記』なので,各団名が分かり次第書き換えます)

 ○内宮正宮:進修・二軒茶屋,修道,四郷
 ○荒祭宮:二見(松下,江,茶屋,三津)
 ○風日祈宮:二見(山田原,溝口)
 ○月読宮:四郷
 ○倭姫宮:大湊と進修・二軒茶屋・修道・二見の連合

 (月読宮,倭姫宮はソリを使った陸曳き)



外宮領(陸曳き)
 
 ○外宮正宮:小川町,河崎連合(旭通,南側),中島町
 ○多賀宮:本町
 ○土宮:中島連合(出雲町,京町)
 ○月夜見宮:八日市場町
 ○風宮:河崎六ヶ町

木遣り歌とは?

『木遣り』 とはもともと 『大きな岩,木材を大人数で掛け声をかけながら引くこと』 という意味です。

(…ということは,お木曳きそのものが 『木遣り』 という意味になりますね)


大人数で力を合わせて行う運搬には,指揮者の号令が必要であり,この号令の役目を担うのが『木遣り歌』で, 『木遣り歌』 で全員の士気を高め,曳き手はそれを受けて力を合わせる 『日本人独特の労働歌』 なのだそうで。


木遣り歌に対して引っぱる曳き手の合唱を 『受け』 というそうです。


お木曳きでは『よぉ〜いとこぉ,よぉぉ〜いとこぉぉせぇぇ〜』が 『受け』 ということですな。

(これ「よい所,よい所伊勢」ということだと聞いたことがあります)


もともと純粋に重く大きい岩石,大木を運ぶときに音頭をとるための手段として歌われていた木遣り歌ですが,城や神社・仏閣等の大きな建物が造営されるに伴い,造営そのものが慶事的なものと認識されるようになり,木遣り歌も 『おめでたい唄』 へと変わってきたようです。


浜参宮でもお接待を受けた旅館の前で威勢のよい 『木遣り歌』 が歌われてます。


また,各団によって歌われる木遣り歌はそれぞれ独特です。


また,ひとつの団でも木遣り歌は浜参宮用,お木曳き用,お白石持ち用,川曳き用,陸曳き用と各種を使い分けるようです。

(川曳きの団もお白石の時は陸を外宮へ運びます)


ここにあるのは,ある2つの団の木遣り歌の一部です。


こんな内容になっているんですねぇ。

---------------------------------------

●朝日さす浜清渚の渚で 心清めて浜参宮

●勢いのぼりに神風匂う 木曳祭りの五十鈴川

●流れ尽きせぬ五十鈴の川を 千代に目出たく御木を曳く

●神の御領の氏子の誉れ 目出た目出たで御木を曳く

●神路山に朝日がさして歌声高く綱を曳く

●木曽で育てしこの宮柱 今日は五十鈴の川を曳く

●ここは宇治橋 内宮様の祈る心の清め橋

●ここは新橋向かいは神路 仲を取り持つ五十鈴川

●瀬越え淵越え宇治橋見れば おかげ参りの人の波

●鈴が鳴ります五十鈴の鈴が 聞けや神代の水の音

●お木は木曽山谷々越えて 清き流れの五十鈴川

●朝日輝く神路の山の 麓流れる五十鈴川

●お前百までわしゃ九十九まで ともに白髪が生えるまで

●お伊勢参りで扇を拾ろて 扇めでたや末繁盛

●絶ゆる事なき遷宮の炎 みごとつとめて次の世へ

●梃子もそろうた木遣りもそろうた 曳き手そろうた共に綱を曳く

●宇治と二軒茶屋兄弟町よ 共に曳こうぜ宮柱

●いさむ川曳き幾時をかけて 宇治に生まれて心意気

●老いも若きも心を合わせ 五十鈴の川でお木を曳く

●今日は日もよい日よりもよいぞ みんなそろってお木を曳く

●めでためでたの若松様は枝を栄えて葉も茂る

●伊勢は津で持つ津は伊勢で持つ尾張名古屋は城で持つ
posted by 浜参宮観察隊 at 14:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お木曳き関係で…> 木遣り特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

4月12日:行ってきましたお木曳き(役木曳き)

海育ち二見産のわたくしにとって
川の流れのオソロシさを
身をもって体験したたのが
今日の役木曳。


昨日の大雨から心配で心配で
今朝まで気が気じゃなかった
役木曳。別名・御木曳初式
もうすぐ始まるお木曳行事の
スタート合図ってところですかね。


わたくしたちの団は
連合で内宮別宮・荒祭宮
の棟持柱用のお木を納めます。


夜のウチには、川で曳けないかも、なんて
噂も出て、たぽたぽでも川で曳きたい〜と
てるてる坊主まで作ってみました。


てるてるぼうず.jpg


川曳決行!のメールで目が覚め
五十鈴川へ行きました。


嵐の昨夜に見た五十鈴川より
水位は低くなってるけど
お水たぽたぽ。


いつもの清流・五十鈴川とはほどとおぃ…


お木はいよいよ五十鈴川へ。


03.jpg


そしてわたしも五十鈴川へ。
入った瞬間は冷えっ、だけど、
ま、慣れたらなんてこたなかった。(この時は)
掛け声出して動いてれば
冷たい水のことは忘れてました。


DSC05298.JPG
(浦田橋から友人に撮ってもらいました)


でも、もうちょっとスイスイいくかと
思ってましたけど、重かったです、お木は。
今、すでに腕筋肉痛で手のひらマメできそう。


赤福裏でお昼ごはんとって再び出発。


二見のもうひとつの団
山田原、溝口、光の街も
がんばっておりました。


04.jpg


そして一つ目の難所、烏帽子岩の瀬越。
流れが急、ぐっと深くなるし、
うわっヤバイかもと振り返ったら、
後ろの人がうんと遠くにいて
流されそう!や、やばい〜。


そしてわたしも流されました。
茶屋人みんなに助けられ
くやしながらに新橋渡って
追い付きました。


DSC05309.JPG


お木は他の団の助けもあって
見事に瀬越。
瀬越後の曳綱係りは
お疲れのようす。


表情に無理があります。


DSCN7235.jpg


何個か難所をくくり抜け
最後は梃子方がふっとんで
無事?宇治橋のところから
引き上げられました。


DSC05332.JPG


このあとみんなで曳き曳き
荒祭宮までひっぱりました。


06.jpg


05.jpg


最後の荒祭宮前の
十数段の石段は
担いで奉納。


役木.jpg


水も含んでるこのお木
おもさ1トンっだって
おもそー


そして無事荒祭宮へ奉納。


07.jpg


そのときは歓喜の拍手
荒瀬をいくつか越え
みんなで団結して曳いたお木だもん。

二見・松下,江清渚連,茶屋清渚連,三津の連合奉曳団のみなさん
ほんとうにご苦労様でした。

2006年04月10日

4月9日:本日の浜参宮

今日の一番乗りは宇治の奉曳団のみなさま。
館、浦田、今在家、中之切の団が今回はひとつに。
なのでハッピもすべて新調したそうです。


0409-1-1.jpg


興玉さん本殿で木遣りを奉納する
宇治奉曳団のみなさま。


0409-1-2.jpg


木遣り子のハッピには御正殿の千木が。
神宮のお膝元らしい絵柄に納得。


ちなみに曳き手のハッピは
左袖のところに赤い字で
地区名が書かれてありました。


0409-2-1.jpg


宇治の奉曳団のお帰り。
賓日館のうしろの山は桜彩り春盛り。


0409-2-2.jpg


下長屋の子ども木遣りは
紋付き袴の全身水色。
なんかみやびないい感じ。


0409-3-1.jpg


本日9日は,
曽根,岡本,吹上,岩渕,尾上,岡本豊宮崎団が来ました。
宇治連合団も来ました。


『宇治』と『山田』がほぼ揃い踏みぃ,です。


曽祢の道唄連では
立派に生演奏。


0409-3-2.jpg


曽祢のザイ、こんなに
カールしてるんです。


0409-4-1.jpg


岩淵のちびっ子、
ザイの振り方に力はいってました。


0409-4-2.jpg


女性の皆さんも盛り上げております。
生涯学習センター(昔の二見バスセンターです)横広場で
手踊り披露の神社です。


0409-5-1.jpg


駅前広場で輪踊りの尾上町。


0409-5-2.jpg


そうそう,ハッピがおもしろのです。


岡本といえば宇治山田駅周辺のにぎやかな
伊勢市の中心でもありますが、ハッピに
書かれたカエデの絵。どうしてカエデ?


0409-6-1.jpg


岡本近辺、
むかしはカエデの木が多い静かな静かな
ところだったとか。


そして鹿の鳴き声も聞こえる里であったと
伝えられ、「鹿聞里(しかきくさと)」と
呼んでるそうな。


風流ですなあ。


岡本町は1丁目と2丁目は鹿聞里で3丁目は宮崎。


宮崎はわりと新しい地区で宮崎(豊宮崎)文庫から
地区名になってるみたいです。


 豊宮崎文庫は慶安元年に造られた
 外宮祠官子弟ための学舎のこと。
 講堂が明治に焼け、資料は神宮文庫に展示されています。



もひとつついでに、カエデの兄弟。
太鼓演奏に聴き惚れる
岡本町カエデのちびっ子たちです。


0409-8-1.jpg


そして吹上町。軍配に富に貴?


0409-6-2.jpg


「ふうきあげや、これは」と長老さん。
江戸時代の文献にこの字がはまってるみたい。
きっとお金持ちの町だったんでしょね。


それと山田奉行が一時吹上(富貴上)におかれていたころ
お奉行さんが角力取りを数人面倒見ていたことから
軍配の紋が伝えられてるようで。
ハッピひとつでも歴史を紐解くと
いろいろ見えてきますねえ。


岩淵のみなさん、
JRに乗ってお見えでした。


0409-7-1.jpg


ホームも広場も人人人。
にぎやかな駅前。


0409-7-2.jpg


混雑の興玉さん。
時間が来るまで貝殻拾って浜遊びに夢中の図。


0409-8-2.jpg


すぐ目の前は海だもん。
これも楽しいよね。


こちらは岡本町カエデさんの時間待ちの図。


0409-9-1.jpg


いつもと違う、浜参宮時間なのです。


そして浜参宮後のなごみの一コマ。
堤防でお弁当。


0409-9-2.jpg


これも楽しいそう。


遠足気分,みんなたのしく浜参宮。


-----------------------------------------

■4月8日:本日お越しの各奉曳団■

●宇治連合奉曳団
●下長屋奉曳団
●中村町奉曳団
●神社港辰組
●曽根町奉曳団
●岡本町奉曳団
●吹上町奉曳団
●岩渕町奉曳団
●尾上町奉曳団
●岡本町宮崎奉曳団
posted by 浜参宮観察隊 at 12:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 本日の浜参宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

4月8日:本日の浜参宮

まずは,竹ヶ鼻奉曳団の方々。
竹ヶ鼻はやっぱし竹でした・・。


0408_2.jpg


派手な小木の先導車
さすがの意気込みですな。


0408_1.jpg


■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■




楠部の団が歩いて浜参宮にやってくる!


という情報を得た観察隊Mは
その心意気に感動し
追っかけをしてみました。


しか〜し、ちょっと寝坊。


あわてて出かけると
楠部町奉曳団の方々は
すでにサンアリーナ横。


kusube_1.jpg


ここで休憩
おかたずけして再び出発です。


kusube_3-1.jpg


二見のぎゅうとら裏のJR踏切付近です。


kusube_3-2.jpg


JR二見浦駅前では子ども木遣りの披露。


kusube_4.jpg


興玉さん到着!


先にお祓いをおえた
小木町奉曳団の方々と
すれちがい。


kusube_5.jpg


休憩もしながら約2時間
本当にお疲れ様でした!



さてさてここはおはらい町
仕事でぶらっと来てみたのですが
なんと楠部の木遣りのみなさんが
白鷹前にいらっしゃるじゃありませんか!

 神宮御料酒を扱う白鷹三宅の酒屋です。

kusube_6.jpg


おどろき〜



「みんな揃うてこれは清め酒。ヨーイトーナーと木やりを歌ったら清酒二本いただきました。三宅さんありがとう」、だそうです。




観光客、花見客でごったがえす中
勇ましく歩いておられました。


kusube_7.jpg


そして旗にもある丸大のマーク。


kusube_2.jpg


これは楠部の団にだけに
神宮さんから特別に与えられた
おそれおおい自慢の丸大なのです。


むかし、神宮さんで火事があったとき
いの一番でかけつけたのが
楠部の住民だったとか。


みなさん今もその話を誇りに
語り継いでいらっしゃるんですね。


-----------------------------------------

■4月8日:本日お越しの各奉曳団■

●竹ヶ鼻奉曳団
●小木町奉曳団
●楠部町奉曳団
posted by 浜参宮観察隊 at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 本日の浜参宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

4月1日:本日の浜参宮

いよいよ『御遷宮奉曳本部』の浜参宮です。


木遣りには『をみな木遣り』も参加してました。


DSC05188.JPG


おエラ方がいっぱいです。


DSC05189.JPG


白のそろいの法被で整然と歩くお姿,迫力があります。


テレビカメラも追いかけてます。


市役所の知り合いが旗持っています。


商工会議所の友人が走り回っています。




posted by 浜参宮観察隊 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 本日の浜参宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

興玉さんで身を清め・・・

浜参宮,興玉さんにて。


おじいちゃんに肩車で浜参宮(王中島奉曳団)
DSCN4821.jpg


これが不浄祓守の無垢塩草です!これで身を清めてもらいます。
mukushio_gusa.jpg


祭り姿が凛々しいお姉さま 似合ってます(下野町奉曳団)
DSCN4844.jpg


犬も一緒に浜参宮(桜木町奉曳団)
DSC05114.JPG


(浜参宮観察隊:M)
posted by 浜参宮観察隊 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 浜参宮点描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザイってなんざい?

采って「采配」の采から???


木遣り子の持つ采、
伊勢ではみんな濁点つけて
「ザイ」って呼んでるけどね。
二見の人は幣「ヘイ」みたい。


ちなみに采配は(『広辞苑』より)
→軍陣で大将が打ち振って士卒を指揮するに用いた具。厚紙を細く総を作り、これに柄をつけたもの。


まさにそーだ!


ついでに幣は(また『広辞苑』より)
→ぬさ。(?)みてぐら。(?)えっなんだそりゃ?


で、ぬさを調べてみました。
→神に祈るためにささげるもの。また祓えに出す物。麻、木綿、帛または紙などでつくる。


ほー、納得!


外宮領陸曳きは和紙で出来てますが、内宮領川曳は水につかっても大丈夫なように木(柳)を紙のように薄く削って作られています。


ライオン丸みたい。


川曳きの采,この一枚一枚の総数は365枚あるらしいですよ。


桜ヶ丘奉曳団(川曳き)の場合
○おとなバージョン
sakuragaoka_otona.jpg

○子どもバージョン
sakuragaoka_kodomo.jpg


一之木須原奉曳団(陸曳き)の場合
○まんまるザイの須原団
suhara_zai.jpg


二見・江清渚連(川曳き)の場合
○川曳の江のザイは長かった!
ei_zai.jpg


下野町奉曳団(陸曳き)の場合
○これも?ザイかな 下野のちびっ子
shimono.jpg


豊栄会奉曳団(陸曳き)の場合
○豊栄会のザイは基本っぽい形
houeikai_zai.jpg


曽根町奉曳団(陸曳き)の場合
○曽祢のザイ、こんなにカールしてるんです
0409-4-1.jpg
posted by 浜参宮観察隊 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お木曳き関係で…> ザイいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観察隊浜参宮へ…

浜参宮観察隊Yは3月5日に浜参宮へ行ってきました。

行ってきました,というより,興玉さんの地元地区ですので,

近所をみんなで法被着て散歩…,の様相です。



いや,普段そんなことは絶対ありませんな,いくら地元でも。

ちなみに,わが地区の氏神さんでもあるんです,興玉さん。



途中の様子を浜参宮目線で…,と思ったら,



…カメラ忘れた。




興玉さんでのお祓い後,みんなで内宮へ行きます。

その待ち合わせ場所へ行く間にウチへ寄ってカメラ取ってきました。



というわけで,内宮・宇治橋前です。

いきなりわが団の木遣りが始まります。

DSC04982.jpg

観光客のみなさんは,『?』です。

そらそうでしょ,どこにも何もアナウンスはありませんから。



そのまま,火除橋まで内宮神苑を木遣り先頭に行進です。

DSC04985.jpg

ここでも観光客のみなさんは,『?』です。

そりゃそうでしょ。



さて,いよいよ内宮参拝です。

DSC04988.jpg

ここでも観光客のみなさんは,『?』です。

もっともです。



(浜参宮観察隊:Y)

posted by 浜参宮観察隊 at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 一年次お木曳き浜参宮> 浜参宮点描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする